最も大きなの発がん因子

最も大きな発ガン因子とは・・・

癌の原因、私はストレスだったと思います。

次に体の冷え、そして薬品だったと思います。

ストレスは自律神経のバランスを崩してしまいます。

自律神経は自分の意思とは別で、交感神経と副交感神経がシーソーのようにバランスをとりながら体の働きを調整しています。                       

交感神経とは昼間の活動モードで、車に例えるとアクセルの役割です。

交感神経が優位に働く時には血流が悪く呼吸も浅い。

そして、白血球の中の顆粒球が増えます。

一方、副交感神経は夜の休息モードで、車に例えるとブレーキの役割です。

副交感神経が優位に働く時には血流がよく、呼吸もゆっくり深く

そして、白血球の中のリンパ球が増えます。

アクセルを踏みっぱなしでは壁にぶつかり大事故になってしまいます。

だから事故をしないようブレーキを踏み調整するのです。

体にもこの調整が必要です。

ストレスがかかると・・・交感神経が緊張状態になります。

この交感神経の緊張状態が続くと、癌の原因となる活性酸素が大量に発生してきます。

そして呼吸も浅く低酸素状態となり、血流も悪く、毒素が滞り、体温も下げます。

結果・癌細胞にとっては増殖しやすい環境になっていきます。

私もストレスが低体温を招いていたのだと思います。

そしてストレスから自律神経のバランスを崩し、体の不調が続き、自律神経失調症と病院で診断され薬を飲む・・・

そして薬がさらに交感神経を優位に働かせてしまっていたのです。

まさに負のスパイラルですね。

ストレスは、心の持ち方で回避できます。

心の持ち方も、がん治しのひとつです。

細胞は副交感神経が優位に働く時に修復されます。

夜はしっかりと休息して副交感神経優位の働状態にする

 痛んだ細胞、癌細胞を正常細胞に戻していきましょう。

そして昼間しっかりと活動して交感神経を優位にする

このバランスが大切なのです。

バランスをとることで・・・ストレスも軽減されていきます。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す