がんなのにケーキ、プリン、アイスクリーム?

がんは糖をエサにしてて大きくなります。


砂糖をつかった甘いものを食べると、がん細胞はどんどん増殖されます。


がん克服へ! といいながら、甘いケーキやプリンを食べていませんか・・・??

 

砂糖をとれば摂るだけ、がんは成長します。

 

ケーキやプリンは砂糖だけではありません。

ほとんどの物に乳製品が使われていますね。

 

乳製品もがんが増殖しやすい環境をつくってしまうのです。

 

お風呂上りにジュース飲んで、アイスクリームを食べていませんか?

 

砂糖に、乳製品、さらに添加物・・・入ってませんか??

 

おまけに内臓の温度を下げてしまう冷たいものまで・・・・

 

がんが大きくなるなんて知らずに食べている人もたくさんいます。

 

高血糖と低体温をがん細胞は好みます。

 

食べ物には、さまざまな糖がありますが、最も避けたい物ですね。

 

そして昼食はうどんやパスタ、パン、白米・・・

 

これら炭水化物である白いものも、実はがん治しには厄介者です。

 

では何を食べれば・・・

 

うどん、パスタ ➡ そば

 

パン、白米 ➡ 玄米

 

胃や大腸の手術後などで玄米が食べにくい人は、白米に雑穀米を混ぜるなど、体の声を聴きながら工夫するといいですね。


 がんが治る生活環境をつくるには➡糖質を抑える必要があります。


野菜や果物もにも糖質は含まれていますが、野菜や果物の糖は、繊維が糖の吸収をゆっくりにしてくれるので、1日の摂取量からみても害を与える事は少ないと言えます。

 

甘いもの、うどん、白米などは、血糖を一気にあげてしまうので、がんに好まれる糖質ですね。

 

野菜や果物は、食物繊維だけでなく酵素やビタミン、ミネラル等も一緒に摂れます。

そのため、糖のマイナス部分を緩和してくれ、また、必要な栄養素も豊富に含まれています。

 

がんを治すための食事はとても難しいとよくいわれますが、まずは摂らない方がよいものを優先に考えることです。

 

そして砂糖以外にも絶対に絶対に摂ってはいけないものが・・・
 

今は辛抱のとき

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す