栄養豊富な玄米食

がんの人の食事の中で真っ先に頭に浮かぶのが玄米食ですね。

お米丸ごとの玄米は、ビタミン、ミネラル、食物繊維がとても豊富です。

玄米にはガンマオリザノールという栄養素も含まれており、抗アレルギー作用、抗酸化作用、抗炎症作用にとても優れています。

血行を良くしたり、コレステロールを抑えてくれる作用もある玄米

食物繊維が多く、血糖値の急激な上昇も少いのです。

まさに健康食といえる生命を維持するための栄養素が満載なのです

一方、胚芽やぬかを取り除いたものが白米です。

この胚芽やぬかの中に、ビタミン、ミネラル、食物繊維、たんぱく質、糖質など栄養素がたくさん含まれています。 精米することでこれらの栄養素を根こそぎ取り除いてしまうのです。

玄米はお米を丸ごと食べるわけですから、無農薬・無肥料、除草剤不使用の最も安全な自然栽培米がおススメです。

また、玄米は消化が非常に悪いといった欠点があります。

とにかくよく噛んで食べるように気を付けましょう。

しっかり噛まずに玄米を食すると腸壁に穴を開けてしまうリーキーガット症候群になってしまいますので要注意です。

穴の開いた腸壁から有害物質が全身に流れてしまう症状で、全身に毒素を回してしまう恐れがありますので、玄米はよく噛んで、飲み物がなくても喉を通るくらい噛み砕いて頂くようにしたいですね。

玄米が体に合わないといわれる方

噛み砕いて食べてますか??

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す