余命宣告を受けても元気に・・

余命宣告・・・

本人はもちろん、ご家族にとっても大きなショックを与えます。


さんざん考え、途方に暮れ・・・

相談してこられる方が本当に多いのです


まだまだやっていないことがたくさんあり、可能性はまだまだあるのに勿体ない・・・と感じます。


出来ない理由もたくさん・・・それはとても勿体ないことです


命と本気で向き合えば、出来ない理由などないはず


余命宣告・・・あきらめる必要もなく、可能性はまだまだたくさん


全て自分次第です。


がんが治らないのは、何かのせいになっていませんか?


がんは治らないものと思ってしませんか?


がんを克服した人・・・

末期がんでも元気に生きている人・・・

皆さん、覚悟を決め、自分を信じ、徹底して取り組んでいますね。


逆に苦しんでいる人は・・・

どれもが中途半端になっている人です。


上手くいかなければ何かのせいになったり、すぐに結果を求めてしまったことで

途中でやめてしまうなど、何もかもが中途半端になっています。


人生には、我慢をしなくてはいけないときや、必死に取り組まなくてはならないときも・・・


人生には、自分と徹底して向き合い、孤独に耐えないといけないときも・・・

それが癌になってしまった「今」ですね。

長い期間をかけつくってきた、がんです。

克服、共生される方は、徹底して実践されてています。

生き方を徹底して見直してしていくこと


すべては自分ですね。


余命宣告を受けても、元気になられる方はたくさんいます。


キーワードは、気付くことです。


そして、執着を解放することです。


全て実践なのです。


自分自身の愚かさに気付くこと

そして、自分を信じることから始まります。


自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す