キャベツでがん予防

様々な料理で便利なキャベツですが、キャベツは800年ほど前にヨーロッパから日本に入ってきたようです。


当時のキャベツは現在のものと違いました。

 

葉牡丹のような観賞用だったそうです。



今のようなキャベツが本格的な導入は➡ 明治頃だそうです。


日本人にはなくたはならないキャベツですが、キャベツの栄養、効果効能はとても優れています。


キャベツにはビタミンcが際立って豊富です。


特に緑色の濃い外側の葉が一番多く ビタミンcを含んでいます。

 

次が芯の周辺です。


そして 面白いのが、キャベツはビタミンuという珍しい成分を含んでいます。


このビタミンuは➡胃や 十二指腸のただれた粘膜を修復して保護してくれる働きがあるのでので、潰瘍に非常に効果が高いと言われています。


これだけのビタミンをたっぷり含んだキャベツですが、煮込むとビタミンが壊れてしまう可能性があるので、出来るだけ生でいただきたいですね。


そしてキャベツにはイソチオシアネートという成分があります。

 

これは発がん物質が活性化するのを防止し、無害化する働きをしてくれます。

 

キャベツには抗がん作用があるのです。


米国国立がん研究所の報告によると キャベツはにんにくの次に強壮効果が高い食品と位置づけられています。


免疫力を高め、体の老化を防ぐ抗酸化力

 

非常に強いキャベツは優れものです。


キャベツの状態や産地の違いで 抗酸化力の差はあるようです。


まだ成熟していない 若いキャベツが良いようですよ。


これは 生育途上のキャベツは自分の老化を防ぐための有効な成分を消費し切っていないためと考えられています。



そして巻のゆるいものがおススメです。



キャベツも奥が深いです。



風邪予防、 がん予防のために毎日キャベツは欠かせませんね。



自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す