前向きと後ろ向きでは生存率に差が出る

私たちの精神は、生命力をも動かしています。

心の状態は自律神経と繋がり、常に心と体が一体となり自然治癒力が働いています。

心が前向きであれば細胞も前向きになる

心が後ろ向きであれば細胞も後ろ向きになる

つまり、明朗快活であることが健康の秘訣であり、病気なおしのキーワードとなります。

不安、恐れ、妬み、自分勝手な思考が病気をつくります。

失敗を恐れ、一歩が出ない

失敗をすれば引きこもってしまう

後ろ向きになると、人に対しても恩を仇で返すような身勝手な行動をとってしまう

上手くいかなければ、人のせい、環境のせいにしてしまう

なおらない人に多いですね。

なおる人は、常に前向きで心の持ち方、ものごとの捉え方、生きるあり方を学ぼうとします。

心の持ち方が変われば、ものの見方が変わってきます。

ものごとの捉え方が変われば、行動が変わってきます。

そして、生きるということの本質が明確になってきます。

本質をとらえた生き方や行動が身につくと、自然と不安はなくなり、自然治癒力を最大限に活かせるようになるのです。

約1300人の被験者を15年間 追跡調査した結果 「自律性がない」「引きこもる性格」の群は約46パーセントがガンで死亡した

一方、「自立性がある」 「前向き」の群は0.6パーセントしかガンで死んでいない

その差は77倍というイギリスロンドン大学 アイゼンク名誉教授の研究報告です。

自分をコントロールして前向きに生きる人と、常に人に頼り、後ろ向きに生きている人とでは、これだけの大差が生まれてくるのです。

どんな人でも不安はあり、みんな不安を乗り越えようともがいています。

この不安を手放していくことは、他人には出来ません。

失敗も認め、受け入れる

認められない人は、前に進むことは出来ません。

認められた人は、前に進めるのです。

失敗をしても起き上がる

反省と切り替えを大切にすること

落ち込む時間、不安になる時間を少しでも短縮させることが、自然治癒力を高めます。

そして、しっかりと自分と向き合っていくことで必ず見えてくるものがあるのです。

明朗快活は、不安を吹き飛ばし、失敗を恐れない自分になります。

明るいガンなおしでありたいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

プロポリス歯磨き

食べるものに気をつけるのであれば、歯磨き粉も安心ものを使いたいですね。

プロポリスはこんなところにも役立ちます

歯磨きをするたびに歯茎から血が出てしまう・・・

歯茎が腫れて膿が・・・

お口のなかの悩みを持っている人におススメ

歯磨き粉にプリポリス原液を1滴落とすだけ・・・

{BBE9EAAC-8235-4BF7-9086-EA595B86CFC9}

 

プロポリス歯磨きでお口の中も安心

ぜひお試しください

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-46-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 







被曝とがんの関係・放射線を除去

ここ最近、以前にも増して茨城、福島、千葉、埼玉方面の方からのご相談が多くなっています。

特に女性の甲状腺がん、肺がん、乳がんです。

放射能との関係性は否定出来ないように思います。

浴びた低線量の放射能は、5年目以降にじわじわと形をあらわすと言われています。

気になるから検査を受け、またその検査で被曝してしまうことは避けれない事実です。

新潟大学の岡田正彦名誉教授も、レントゲン検査を原因とする肺がんの潜伏期間は1〜3年と極めて短いもので深刻な問題となってくると言われていますね。

ちなみに胃のバリウム検査は、X線を連続照射しながら行うため、肺のX線に比べ100倍リスクが高いと言われています。

さらに、CT検査による被曝線量は、X線撮影の200〜300倍とするという論文が多くあります。

PET検査ともなると、放射性物質を造影剤として投与するわけですから被曝量はどんなものでしょうか・・・

放射能を徐去できるのは抗酸化物質です。

日常の食べ物としては、自然塩を混ぜて炊いた玄米と味噌汁です。

長崎の浦上第一病院の秋月医師が、自らも原爆で被ばくしながらも玄米と味噌汁で原爆症から免れた有名な話がありますね。

ここだけを聞けば簡単に思うかもしれません。

しかし現代では、本物の玄米、味噌を手に入れることが非常に困難なのです。

玄米は、まず産地、そして有機でもなく減農薬でもなく、無農薬、無肥料の自然栽培であること

味噌は、同じく大豆の産地、栽培状況、自然塩を使っていること

そして、大切なことは生きている食材であることです。

玄米は発芽するか、味噌は水で溶いた片栗粉に味噌を入れたとき片栗粉を溶かすことが出来るか

試してみるといいですね。

それに加え、プロポリスなどの総合的健康食品を摂ることをおススメします。

抗酸化だけでなく、食事で摂った栄養を結合させ、効率よくカロリーを栄養に変える体をつくる

がん治しはあきらめない・必ず治ると信じて

大自然の恵み・自然界の波動を生活に取り入れ乗り越えていきましょう。

がんが治った生き方・自然治癒ライフをご覧くださいね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

白湯で内臓温度を上げる

内臓が冷えれば内臓機能が低下し、免疫力が下がり、様々な病気を引き起こしやすくなります。

特に胃ガン、大腸ガンは注意です。

ガン細胞は35度台の低体温を好みます。

ガン細胞にとって居心地の良い環境を作っていませんか?

体温が1度下がると免疫力は30%低下します。

逆に体温が1度上がると免疫力は5倍から6倍になります。

ガン細胞を増やさない、病気をつくらない、疲れない体を維持するには体温が大切になります。

体温を上げる方法はいろいろとあります。

特に内臓の温度を上げるには、白湯

白湯は消化に負担をかけず、内臓を温めてくれます。

白湯は、血液の流れを促し、代謝をアップさせるので体温は自然と上がってきます。

免疫力のアップにとても良い飲み物ですね。

排毒機能を高め、特に女性にとって、冷え症や浮腫み、便秘の改善にも効果的

内臓が温まることで、胃腸の働きも活性化され、消化や分解が促され老廃物の排泄もスムーズになります。

特に朝起きて一番最初に飲む白湯は、排毒効果がとても優れています。

白湯で内臓を温め、代謝を上げて、余分なものは出す

まずは、朝起きたら、ひとつまみの自然塩を入れた白湯をおススメします。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4637 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

腹七分目で免疫が・・・

腹八分で医者いらず

腹六分で老いを忘れ

腹四分で仏に近づく

と言われます。


1935年コーネル大学の調査で、カロリー60%に制限をしたマウスは、100%のカロリーを与えたマウスに比べ、2倍長生することがわかっているそうです。


私達は『白血球』により免疫が保たれています。


食事をすると➡栄養素が胃腸から血液に吸収され、それを白血球が食べます。


栄養を取り込んだ白血球➡私達と同じようにお腹いっぱいになります。


白血球のなかのNK細胞➡お腹がいっぱいになります。


そして癌細胞を発生しても➡食べようとしなくなるのです。


がん細胞だけでなく菌に対しても同じです。


人間が空腹のときには、白血球も空腹になります。


空腹時の白血球は、がん細胞や菌を見つけると一生懸命食べてくれます。


これが免疫力なのです。


免疫を上げるためには、空腹の時間をつくること


三食きちんと食べるのは、人間だけでは・・・


さらにおやつが・・・・


免疫細胞の働きはさらに悪くなり

 

結果,病気も増えてきます。


そして食べた分だけ、添加物も摂ってしまう現代の食生活


出来る限り余分なものは・・・・


免疫を高めるにも、腹八分目よりもう一歩進んで、腹七分目を心がけたいですね。


自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)




減塩醤油は体に良いのか悪いのか?

醤油は日本人にとって欠かせない調味料ですね

昔ながらの製法で1年以上、出来れば2年以上かけて発酵させた醤油がおススメです

そこで、気を付けたいのが、減塩醤油ですね

塩分が少ない醤油は、腐敗してしまうため、そして味を調整するために、防腐剤やpH調整剤、化学調味料などの添加物が使われています。

質のよい大豆を使った醤油でも、腐敗防止のために防腐剤など使っていては意味がありません

減塩運動が盛んになり、減塩醤油が出回るようになりましたが、その分、使われる添加物がしっかりと増えていることを忘れてはいけませんね

しっかりと選んで使いたいものです

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんなのに感染症に・・

抗がん剤には賛否があるみたいなのですが・・・


抗がん剤をしても元気に過ごしている人とそうでない人の違いはなんでしょう・・・


免疫力なのです。


元気にされている人は、免疫力を強化や解毒機能を高めるような何か自助努力をされています。


抗がん剤治療をすると、極度に免疫が落ちてしまうみたいなのです。


某大学病院の有名な話にもありますが・・・


1年間に亡くなったガン患者のカルテを徹底精査したら、80%はガンでなく、抗ガン剤や放射線など 「ガン治療」の副作用で死亡していた!   (船瀬俊介氏ご著書より)



抗ガン剤を投与した患者群ほど早く、多く死亡している(米国東海岸リポート)


リスクは大きいのでは・・・


免疫力の低下は生きるちからを下げてしまいます。


抗ガン剤をすると、胸腺が縮まり、B細胞、T細胞が減少するみたいですし、NK細胞などリンパ球が激減すると言われています。


さらに、血小板、赤血球が減少や免疫力が急激に低下する可能性が上がり、普段なら防げるはずの菌に感染してしまうのです。


その結果、感染症で亡くなる方がとても多いこと・・・


そんなに弱っている患者さんのもとに、外から菌を持ち込んでしまっていませんか?


良かれと思い、私の知人も毎日、子宮がんの友人が入院している病院に足を運んでいました。


1ヶ月もしないうちに、がんの友人は熱を出し、肺炎で息を引き取りました。


私たちにとっては、何でもない菌ですが、抗ガン剤をしている人にとっては命を奪う菌にもなります。


そのくらい免疫力がなくなっているのですから、お見舞いに行く人も充分、気をつけなければなりませんね。


治療の選択は本人の自由なので、抗がん剤に負けない 対策が非常に大切ですね。

感染症を起こさない からだづくりを・・・


自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

キャベツでがん予防

様々な料理で便利なキャベツですが、キャベツは800年ほど前にヨーロッパから日本に入ってきたようです。


当時のキャベツは現在のものと違いました。

 

葉牡丹のような観賞用だったそうです。



今のようなキャベツが本格的な導入は➡ 明治頃だそうです。


日本人にはなくたはならないキャベツですが、キャベツの栄養、効果効能はとても優れています。


キャベツにはビタミンcが際立って豊富です。


特に緑色の濃い外側の葉が一番多く ビタミンcを含んでいます。

 

次が芯の周辺です。


そして 面白いのが、キャベツはビタミンuという珍しい成分を含んでいます。


このビタミンuは➡胃や 十二指腸のただれた粘膜を修復して保護してくれる働きがあるのでので、潰瘍に非常に効果が高いと言われています。


これだけのビタミンをたっぷり含んだキャベツですが、煮込むとビタミンが壊れてしまう可能性があるので、出来るだけ生でいただきたいですね。


そしてキャベツにはイソチオシアネートという成分があります。

 

これは発がん物質が活性化するのを防止し、無害化する働きをしてくれます。

 

キャベツには抗がん作用があるのです。


米国国立がん研究所の報告によると キャベツはにんにくの次に強壮効果が高い食品と位置づけられています。


免疫力を高め、体の老化を防ぐ抗酸化力

 

非常に強いキャベツは優れものです。


キャベツの状態や産地の違いで 抗酸化力の差はあるようです。


まだ成熟していない 若いキャベツが良いようですよ。


これは 生育途上のキャベツは自分の老化を防ぐための有効な成分を消費し切っていないためと考えられています。



そして巻のゆるいものがおススメです。



キャベツも奥が深いです。



風邪予防、 がん予防のために毎日キャベツは欠かせませんね。



自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんに対する価値観が変われば生き方が変わる

不平不満、愚痴、恨み、妬み、泣き言の生き方は、心と体に塊をつくってしまいます。

この生き方がガンの道であり、塊がガンなのです。

ガンになった後も、同じ生き方をしていませんか?

人は自分にとって都合の悪いことが起きれば、落ち込んでしまいます。

ガンになって良かったと捉えられる人がどれだけいるでしょう。

しかし、これをマイナスとするか、プラスと捉えるかで人生が大きく変わってくるのです。

きちんと法則を知れば、ガンになって良かったと捉えることが出来るのです。

ガンは、全身の汚れを1ヵ所に集め塊となり、生命を守ってくれています。

塊にならなければ、全身の汚れで命を落としていたかもしれません。

ガンは、生きるために猶予を与えてくれているのです。

だから、ガンを恨むのは間違い

ガンは、感謝するべき存在なのです。

このようにガンに対する価値観が変われば、ガンになった後の生き方が変わってきます。

ところが私たちは、自分の思い通りにならなければ不足部分を要求してしまいます。

不足を要求し続けることは、不平不満となり負のスパイラルに陥りやすくなります。

そして、常に精神と調和をとっている体は大きなストレスを受けます。

しかし、このストレスも思考も自分がつくりだしたものである限り、自分が気付き変わるしかないのです。

自分の考えたこと、発した言葉、行動が自分に返ってきているのです。

角度を変えてみてみると、不足にしか見えなかったものも、足りていると気付くものもたくさんあります。

悪いことであっても、起きたことによって、気付かされることも多いはず

これで済んだからよかった、有り難い・・・と思うか、不平不満で終わってしまうか・・・

自分がどう捉えられるかで、発する言葉、行動が変わってきます。

そして、その言葉や行動が、自分の体に返ってくるのです。

ガンなおしは、常に心身が一体となり自然治癒力を高めていくこと鍵となります。

まずは、今ここに生きていることに感謝をしてみませんか?

この気持ちを忘れないことが、ガンなおしの大きな秘訣です。

小さなことでも有り難いと感じ、感謝することで正の連鎖を起こし、自然治癒力を高めていくのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

経皮毒を避けて入浴していますか?

皮膚から浸み込む毒が経皮毒なのです。


これら皮膚から浸み込んだ有害化学物質は排出が難しいとされています。


シャンプー、石鹸、化粧品は毎日のこと

肌に直接浸み込むわけですから特に気をつけなけたいものです。


私はがんになったことでシャンプーとリンスを使うのをやめました。


基本はお湯シャンプーです


なんのためにシャンプーをしていたのだろうか・・・

と思わせるくらい髪の毛はいい感じです・。


シャンプーで落としすぎていた皮脂を残すことで、頭皮や髪が本来持つバリア機能などを取り戻します。


シャンプーを使わずお湯で洗うだけなので超簡単です。


お湯を流しながら優しくマッサージするように洗います。


汗をかいた日は、無添加せっけんで洗い、最後に酢をリンスの代わりにつかいます。


せっけんで洗った後

お酢とお湯を洗面器でまぜ、髪に流し、

後はすすぐだけ


お酢で髪の毛がさらさらに・・・


お湯シャンプーも慣れるまでは2日に1回の割合から始めてもいいかもしれませんね


お湯シャンプーに変えると➡次第に髪に艶が出てきて傷みもなく


私はプロポリスも加わってるせいか、白髪もほとんどなく、有り難いです


自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)