がんと心と体は繋がっている・だから闘わない

がんは命を奪う悪魔のような細胞だと思われています。

だから、がんになったら闘うという言葉が使われます。

現代医療では、がん細胞を攻撃するために抗がん剤、放射線治療がされています。

まさに、がんと闘うという言葉がふさわしくなるのかもしれません・・・

がんは本当に命を奪う悪魔のような存在なのでしょうか・・・

私たちの体は、生きるために体温、酸素を必要とします。

体温、酸素が不足すれば、正常細胞は生きることが出来なくなります。

そのとき体が生き延びるため、命を繋ぐために生み出されるのが、がん細胞です。

低体温、低酸素といった過酷な環境の元でも生きることが出来きるがん細胞

そのがん細胞によって命は繋がれたのです。

命を繋いでくれたがん

がんは感謝すべき存在です。

がんをなおすには、低体温、低酸素の状態から抜け出すことです。

そもそも低体温、低酸素が起きるのはなぜでしょう・・・

それは、体が疲れているからです。

なぜ、そこまで体が疲れたのでしょうか・・・

きっと思い当たることがあるはずです。

頑張り過ぎていませんか?

働き過ぎていませんか?

体を使い過ぎていませんか?

気を遣い過ぎていませんか?

緊張し過ぎていませんか?

悩み過ぎていませんか?

がんを発症する人の共通点は、○○し過ぎの人たちです。

○○し過ぎ、疲れ過ぎは、呼吸が浅くなります。

○○し過ぎ、疲れ過ぎは、体が冷えてきます。

だから、心と体に休息が必要なのです。

がんは、闘わない

闘いは心と体が疲れます。

心と体の疲れは、さらに低体温、低酸素を招きます。

がんと心と体は繋がっているのです。

だから

心と体を癒して・・・

がんも癒してあげる

癒されたがんは、静かに消えていくのです。

がん細胞も、自分の大切なからだの一部です・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す