体調がすぐれないと思ったら梅醬番茶

寒暖の差で、体調がすぐれない人が多いようですね

少し不調かな?・・・と思った時には 『梅醤番茶』 

発熱した時も、梅醤番茶は昔から愛されています。

風邪以外にも、頭痛、二日酔い、冷え性、生理痛、夏バテ、下痢、便秘、胃痛などにもおススメです。

しかも、つくり方は簡単です。

星梅 1個   (自然塩を使ったものが理想)

星醤油 小さじ1杯(昔ながらの製法のもの)

星生姜汁 2~3滴 

星番茶      (無農薬栽培のもの)

私は昔からこちらの番茶をつかっていますクローバー

 

 

お湯呑に梅干しを入れ、箸でほぐします。

そこに醤油と生姜汁を入れます。


最後の番茶を注ぐだけ


飲むと体がぽかぽかしてきますよ


お子様は、5~6倍に薄めて飲ませてあげるといいですよ

生はちみつを入れてあげると更に飲みやすくなります

忙しくて出来ない人は・・・

梅肉と蜂蜜のプロ・ハニーがおススメです。

 

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す