抗がん剤?・自分の体は自分で守る

8月にがん宣告を受け、抗がん剤を治療をしたW様

12月あたりから腫瘍マーカーが上がり始め、転移したそうです。

治療中は脱毛があったくらいで他の副作用もほとんどなく過ごせたので安心していたそうです。
 

しかし・・・転移が見つかり、再度、抗がん剤治療が始まるので、改めて抗がん剤について調べてみたとのこと。

その結果、衝撃にうろたえたと言われました。

彼女に限らず、抗がん剤がどんな原料でつくられているのかを初めて知れば、誰でもショックだと思います。

抗がん剤はマスタードガスを主原材料につくられていることを知ったときは震えが止まらなかったと言われていました。

マスタードガスとは、第一次世界大戦で初めて使われた化学兵器‼

毒性が主の作用で、この毒性の副作用でがんを攻撃します。

強い毒が体内に入ることで→免疫機能を失った体は→がんと共存できるだけの体力がなくなってしまう→そして癌細胞が増殖してしまうのです。

抗がん剤の副作用に 「二次発癌」 と書かれています。

彼女は、二次発がんとは何・・・? 

と嫌な予感がしたそうです。

二次発がんとは、抗がん剤の毒性によって新たに出来るがんのこと。

がんは、毒素を溜め込んだことによって出来、そこに猛毒が入れば、がんはさらに増大する・・・


溜まった毒素・・・

二次発がんを防ぐには、入れてしまった毒素をいち早く排出すること。

彼女もこれから排毒に励むそうです。

『自分の体は自分で守る』 対策を・・・

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す