がんを乗り越えるには執着を捨てること

同じ癌、同じステージであっても、うまくいく人、そうでない人と別れます。

一生懸命、食事療法、温熱療法をやっているのに治らない・・・

がん治しに執着してしまっていませんか?

がんの療法に強いこだわりがあり、それ以外のことはすべて否定・・・

決められた〇○療法を狂いなく徹底する

真面目で一生懸命なあまり、がんを治す信念が執着に変わってしまう・・・

こんな方が少なくないのです。

自分を追いつめ、心が苦しく、とがってしまう・・・

これでは一生懸命したことが逆効果になってしまうことも・・・

依存や執着になってしまいます。

依存や執着は、苦しみ、不安が大きくなり交感神経を優位にさせてしまい、リンパ球が減少し、ガン細胞をパトロールしてれているナチュラルキラー細胞の動きも抑制させてしまいます。

こだわり、とらわれの心は気付かないうちに自分にストレスを与え、免疫機能に影響を及ぼしています。

そして、親子、夫婦の間で喧嘩が起きてしまったり、関係が崩れてしまったり・・・

どんなに良い療法であっても、心が豊かでないと乗り越えられないのです。

いこじになっていませんか?

何かにとらわれ過ぎていませんか?

家族の声に耳を傾けていますか?

ストレス、負の感情は体温を下げ、呼吸も浅く、ガンが増殖する環境へどんどん陥っていきます。

少し離れたところから自分を見てみることも大切です。

療法は何が正しいではなく、情報に振り回されず、必要なことを、必要とすることです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんになって出会った、プロポリス

突然のがん宣告

途方に暮れたあの日

でも今 思えば、突然ではなく、起こるべきして起きたガン

がん宣告を受ける前、私は長期間、度重なる体調不良に悩まされていたのです。
                                        めまい、頭痛、倦怠感、極度な便秘、重度の肩こり、吐き気、原因不明の発熱など・・・

その度に病院で薬をもらい、点滴を受けていました。

プロポリスとの出逢いが私の体調不良を根っこから変えてくれました。

きっと同じ思いをしている人がいるはず・・・
                                        苦しみから抜け出て欲しい・・・

そんな思いを込め、出来たのが 『蜂粋ゴールドプロポリス』 

蜂粋ゴールドプロポリスは、あのSNSでも大人気の Tokyo DDクリニック  院長 内海聡先生のうつみんセレクトショップ♪ さんで販売して頂いております

ぜひお試しくださいね

年齢+100日 

まずは体の変化を体感してください。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

番茶でがん細胞を抑制

日本人の健康の秘訣であったお茶

お茶には、ガンを抑制する効果があるとされています。

胃ガンは8割も防げるとか・・・

番茶に含まれるカテキンには、強力な抗酸化作用があり、細胞の突然変異を抑えてくれる働きがあります。

一番茶より、三番茶、四番茶の 『番茶』 はガン細胞抑制効果が高いと言われています。

番茶は煎茶より後に摘まれるため、その間に葉の中の旨味成分が成長し、カテキンの含有量が増すということです。

そして、カテキンには体の脂肪を減少させる働きがあり、動脈硬化予防にも有用されています。

番茶は煎茶のように若葉ではなく、成長した葉を原料とするため、カフェインも少なく安心して頂けるお茶です。

そして、抗酸化力が非常に強く、胃ガンだけでなく、他のガンの発ガン率も半分から3分の1まで激減させると言われてます。

緑茶とに比べ、番茶はからだを温めてくれるお茶なので、体温が低い方は緑茶より番茶をおススメします。

特にがんなおしに取り組まれている方は、体を冷やさない番茶ですね。

ただし、気をつけなくてはいけないことは、日本のお茶の農薬許容量値は非常に高いこと

EUの数百倍にも・・・

どんなにガンによいお茶であっても、農薬にまみれていては健康茶ではありません。

農薬・栽培方法を確認して購入することをおススメします。

外出時も市販のペットボトルのお茶を飲まなくて済むよう、安心な番茶を持参するといいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

低酸素はがんの道・ミネラルバランスを整える

大気汚染に加え、さまざまな原因で酸素が欠乏しがちな時代です。

がん細胞にとって酸素の欠乏した体、はとても活動しやすい環境です。

ナトリウムとカリウムのバランスが崩れることから酸素の欠乏も起きます。

 ナトリウムやカリウムの働きが衰ると、ミネラルバランスがコントロール出来なくなり酸素不足に陥りやすくなります。

食事の野菜・果物の摂取量が減少していることから起きます。

さらに野菜そのものが農薬や化学肥料の影響を受け、栄養価が昔の半分以下になっていることも原因になっているようです。

 そこにストレスなどが加わり些細なことでも血液中の酸素量が減少してしまいます。

自分が全く気付かぬところで、酸素不足が起きている可能性があります。

特に癌の人は、要注意です。

低酸素はがんの道

ミネラルバランスを整えること。

そして、深呼吸や腹式呼吸で全身に酸素を意識的に取り入れていくことが大切ですね。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

 

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんは心の現れである

心のあり方を変えてガンをなおす

そんなことで、ガンがなおるものかと言われる方もいます。

しかし、実際にガンをなおした人はたくさんいます。

己の心のあり方が、ガンをつくり、ガンをなおすことが認められた人が、心のあり方を変えることでガンをなおしていくのです。

認められない人は、心のあり方を変えようとしません。

しかし、心のあり方は私たちの細胞に大きく影響を与えているのです。

私達の生きている世界は、目に見えるものだけではありません。

生命エネルギーは、目に見えない力や影響をたくさん受け、動いているのです。

しかし、残念ながら現代医療は、目に見れない心は重要視されることなく、目に見えるガンという塊だけを重要視している傾向があります。

「心を別として身体を治そうとしてはならない」

ヒポクラテスの残した言葉にもあるように、心無しでは、私たちの肉体は存在しないのです。

それどころか、私たちの心と身体はしっかりと繋がって生命力を保っているのです。

身体に起きている現象は、心のあらわれです。

心が乱れれば、体も乱れます。

自分の愚かさに気付き、感謝の心で前向きに生きている方は、元気になられています。

己の責任から逃げ、愚痴、泣き言、後ろ向きに生きている方は、健康から遠ざかっています。

心のあり方をもう一度、見直してみませんか?

たくさんのクライアント様からの体験をお伝えします。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんがなおらない原因・心と体は繋がっています

怒り、妬み、恨み、憎しみ

心のゆがみは、体にゆがみを与えます。

不平不満、不安、愚痴

後ろ向きな心は、体にストレスを与えます。

すべては自分の思考、選択、行動によって起きています。

体の不調も、心の影響を受けています。

なおらないと悩んでいませんか?

良いことも、そうでないことも、起きたこと、今あることは 「すべてこれで良し」 と一旦受け入れる

そして、自分を仕切り直すことが大事ですね。

そして自分の思考、選択、行動を振り返ってみることも必要ですね。

結果には必ず原因があるように、病気にもなおらない原因(理由)があります。

体はちゃんと温めていた?

食事はどうだった?

体は動かしていた?

早寝早起きができた?

心は穏やかだった?

笑って過ごせた?

心と体は非常に密接に繋がっています。

心と体のバランスを保ってこそ、免疫は高められるのです。

つらいときも、笑う

悲しいからこそ、笑う

笑うとNK細胞も活性化されます。

心から笑えなくても 1分間 笑ってみる

笑うことで、心も体もポカポカになりますよ。

そして、喜びや感謝の心は、生命力を高めます。

いろいろとやってきたのに、なおらない、痛みがとまらない・・・と悩み苦しんでいる人も

こんなにやったのになおらない、と不満に思うか

やったからこれで済んだ、と感謝するか

自分のとらえ方ひとつで、これからのモチベーションがかわってきます。

うまくいかないときは、自分を振り返る最大のチャンスのとき

体に起きた現象を素直に受け入れ、生き方の方向転換を・・・

バランスのとれた栄養で心と体に潤いを与え、体を温め、明るく向きな心で過ごされることを願っています。

がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

条件が一致してがんの自然退縮が始まる

【がん治しは生き方なおし】

癌を克服した人たちは、療法はみんなそれぞれ違います。

しかし、今までの生き方を変えたという共通点があります。

がんを治す法則に気付き、取り組んだ人

自分が感じるまま実践したことが、実はがんを治す法則であったと後から知った人

さまざまですが、生命力を活性化させるための項目は共通しています。

バランスのとれた栄養で、体を温め、おおらかな前向きな心で過ごせば生命力は活性化されます。

色々やっているのに治らない・・・とよくご相談を受けます。

よく聞いてみると、あれもこれもといっぱいされていたりします。

あれも試した、これも試した、あれも効かなかった、これも効かなかった・・・

あちこちで色んな情報を聞き、結局自分に落とし込めてない人です。

自分で決めて取り掛かっても、新たな情報が入ればまた気持ちがブレる

有名人のがんの報道は影響を受けるようですね。

そして調べれば調べるだけ、不安が増え、心が揺れます。

結局、治らないのは物のせい、他人のせいになってしまいます。

これでは、他人との関係まで悪くなり、また孤独を感じるようになります。

そして交感神経を過剰にさせてしまい、リンパ球を減少させ顆粒球を増大させてしまうのです。

白血球は、生き方に影響を受けやすいのです。

不安や心配事はリンパ球を減少させ、ナチュラルキラー細胞が働かなくなります。

結果はそんなに早く、簡単には出ないのが当たり前

血液細胞の生まれ変わりは100~120日です。

リンパ球が増え、そこからやっと好転し始めるのです。

せっかく良くなりかけていても、残念ながら結果を焦ってしまったばっかりに、止めてしまい振り出しに戻ってしまう人も少なくないのです。

なかには2、3週間で劇的な変化を起こす人もいます。

これらの人は、悩むことなく強い強い決意で、良いこと悪いことを判断し、即行即止で実践しているからです。

そして、すべての条件が一致して癌細胞の自然退縮が起きているのです。

がん治しは、信念を持って黙々と続けること

続けることで治癒力が高まり、条件が一致して自然退縮が起きるのです。

大自然の恵み・自然界の波動をしっかりと受け取ることが出来れば、がんは治るのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

はちみつで心身ともにいやされ・・・

はちみつの主成分は単糖類なので、体内に入ると短時間で腸壁から吸収され胃腸に負担もなく、血管に入り栄養となります。

疲労回復に、はちみつが愛されるのはこういった特徴からですね

私も、運動の後や、肉体疲労を感じたときには、レモン果汁に、はちみつを入れてお湯を注いで飲みます

すると、短時間で体がすごく楽になります

疲労を後に引っ張らないための私なりの工夫ですね~

仕事や家事の合間のティータイムに、そして子育てでお疲れのママさんにも、はちみつは心と体の癒しになりますよ

とくに、砂糖を気にされている方にはぴったりです。

ミネラルやビタミンを体内から奪ってしまう砂糖に比べ、はちみつは、逆にミネラルやビタミンをたっぷり含んだ、しかも美味しい優れものですから

毎日頑張る女性の味方ですね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。

体温アップでミトコンドリアを元気に

末期ガン患者さんは手足が非常に冷たいのですね。

本来は、『頭寒足熱』 のはずですが 『頭熱足寒』 になっています。

それどころか暖かい部屋の中でもブルブル震えることもあります。

がんを患っている人は体温が低い方が多いですね。

特に末期ガン患者さんは更に低い方が多いようです。

表面の体温は高いという人

では内臓の温度はいかがでしょうか。

体の冷えは免疫力を抑制し冷えは血流が滞り、酸素の運びも少なく、低酸素になります。

精神的ストレスや過労、寝不足が続いていませんか?

交感神経が常に働くようになり、低体温、低酸素の状態をつくります。

不安や怒りは、呼吸がとても浅くなります。

過呼吸がわかりやすいですね。

低体温、低酸素の状態は、正常細胞が生きにくくなり、ガン化してしまうのです。

35℃台の低体温は癌細胞が活動しやすい体温・・・

人間は恒温動物なので一定の体温と酸素が必要です。

体温とたっぷりの酸素でミトコンドリア系がエネルギーを生成します。

37℃の深部体温 (内臓温度) と酸素で働いてくれるミトコンドリア

わきの下で36.5℃以上は保ちたいですね。

体温を上げると血液の流れが良くなり、それに伴い赤血球が酸素を体の隅々まで運んでくれます。

深呼吸でミトコンドリアに酸素を・・・・

ミトコンドリアの細胞分裂を抑制する働きをしっかりと活用すれば、がん細胞の増殖は抑えられます。

ガン患者さんにとって体温を上げることはとても大切なことですね。

そして1日数回深呼吸実践で酸素をたっぷり取り込むことも大切です。

抗ガン剤投与後は体温は下がると言われています。

体温が下がると、細胞分裂を促進する解糖系優位のエネルギー生成になってしまいます。

ですので体温アップを意識することをおススメします。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

 

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

お乳が冷えていませんか???

お乳が冷えていませんか??

乳房は大胸筋に支えられ、脂肪と乳腺の組織で出来ており

その割合は9対1です。

乳房のほとんどが脂肪組織であり、さらに体から前に出ている乳房はとても冷えやすいのです。

下着や衣類で締め付けていませんか?

寝る時もブラジャーをしていませんか?

体の締め付けは血流を低下させ、冷えてしまいます。

また、乳房の周辺にはたくさんのリンパ節があります。

リンパ節が集まる脇の下や鎖骨周辺が締め付けられた影響で

体液の循環が悪くなり、酸素や栄養の運びが悪くなります。

また老廃物を運び出す力も低下!

さまざまな不調が起きてしまうのです。

がんは冷えた場所、酸素が少ない場所を好みます。

溜まった老廃物も癌の原因となります

体液の循環を低下させるような締め付けは避けましょう。

乳房に老廃物や疲労物質が溜まると、さまざまなトラブルが起きます。

その症状は乳房だけではありません。

全身に表れます。

お乳が冷えていませんか?

お乳が硬くなっていませんか?

リンパ液の流れが悪く、一度硬くなってしまった乳房は体液の循環が出来なくなります。

そして、放っておくとどんどん硬くなります。

硬くなると酸素や栄養が届かなくなり老廃物や疲労物質がどんどん溜まって行きます。

何もしなければ乳がんのリスクを高めます。

マッサージや入浴などでセルフケアをしていきましょう。

乳がんチェックは生理開始から5~7日目が理想です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

ご相談・お問い合わせ
☎0869-92-4631   (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)