社会毒を避ける

日本では、2人に1人がガンになる時代です。

他人ごとではない時代です。

人間の体は、元気な人でも毎日数千個から数万個のがん細胞が発生しています。

これに対して、体は遺伝子修復機能をもち、がん細胞をアポトーシス(細胞の自殺)に導き、がんにならないよう働いています。

通常はアポトーシスされるがん細胞ですが、何らかの原因で遺伝子が傷つくと、がん細胞は爆発的に増殖をはじめることが、がんの始まりです。

 遺伝子を傷つける原因のひとつが生活毒です。

食品添加物、農薬、化学製品、界面活性剤使用の化粧品、シャンプー、薬、たばこなど・・・

肉、乳製品、卵などの動物性の食品も体内で毒に変わる可能性の高い食べ物です。


日本に大量に輸入されているブラジル産鶏肉

ブラジル政府は輸出の停止をしてますが・・・

遺伝子を傷付けてしまう鶏肉を食べていませんか??

がんにならないために

がん細胞を正常細胞に戻すためには、遺伝子を傷つける毒素を入れないことが大事です

細胞の修復には

『口から入れる栄養と心』

夕食で摂ったものが、その日の細胞の修復に働きかけます。


食べたものがガンをつくり、食べたものがガンを治す


夕飯は、抗酸化力の強いキャベツの千切りと、酵素を働かす納豆、味噌汁などの発酵食品がおススメです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

 

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す