がんとショウガシップ

がんになったときよくやっていた→生姜シップ

生姜シップは血行にも良く痛みや解毒にも有効です。

生姜シップの効果を高めるためにも・・・・ 

まずは滞っている 『氣』 を流してから始めると更にいいですね。

深い呼吸でゆっくり、体にしっかりと酸素を入れて・・・


【生姜シップのやり方】


大きめの鍋に70~80℃のお湯を沸かします。

すりおろした生姜(新生姜はダメですよ!)を木綿の袋に入れ、大さじ1ほどの天然塩と一緒に鍋に入れます。

もちろん水分も一緒に鍋に入れます。

 

木綿の袋がなければ、お茶パックなどを活用してください

 

気を付けることは、沸騰させないことです。 【注】
(生姜の酵素がなくなります)

ゴム手袋をして、鍋のなかの生姜の入った袋をもんでエキスを出しきります。

鍋のお湯が生姜の汁で濁ったらフェイスタオルを2〜3枚入れます。

温まったらタオルを絞り、キレイにたたんで体にのせます。

患部の前に、肝臓、腎臓をしっかりと温めます。

熱を逃がさないように、タオルの上にビニールなど1枚敷き、さらにバスタオルなどを上からおおい保温します。




この時、大切なことが・・・



生姜シップとがんに感謝をすること

 

『ありがとう』 を言葉に出して・・・・

『ありがとう』 といった波動の高い言葉を・・・

 その結果、『氣』 の巡りが良くなり、効果が出やすくなるのです。

本当に効果あるの?

と思っている人は残念ですが、疑いを持ちながら挑んだのでは・・・効果は出ませんね。

がんは長い長い歳月をかけ出来た塊ですので、こつこつとした毎日の積み重ねが大切です

生姜シップをすると、ポッカポッカになり、皮膚を通して悪いものが流れ出てるような感覚を持ちます。


この感覚が大切です。



【注意】 使ったタオルは、鍋に戻さず速やかに洗ってくださいね。


 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

 

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す