ビタミン補給と脂肪燃焼には食前キャベツ

少しでいいから毎日食事に使いたいもの

それは 『食前キャベツ』

食前といっても、食事の数分前に食べるのではありません。

食事のときに最初に食べる生キャベツの千切りという意味です

生のキャベツを食前に頂くことで→体に必要なビタミンを補給すると同時に→脂肪が燃焼しやすい体をつくります。

食欲も抑えられると同時に、キャベツによって総カロリーを減らすことができます。

なので、腹7分目の人には最適な食べ物ですね

キャベツは水溶性と不溶性の両方の食物繊維を含んでいるため、腸内環境を整えるにはとても良いお野菜です。

そしてキャベツに含まれている 「フィトケミカル」 

この栄養素ががん治しの最も強い味方になります。

フィトケミカルは、活性酸素を無毒化にする作用(抗酸化力) がありますのでがんの予防にも、とても優れています。

ぜひ食卓に千切りキャベツを置いてみては・・・・

自分の大切な人生のために                           がん三大療法だけに頼らない生き方

https://www.qualitypro.jp/

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す