湯たんぽでお腹をあたためリンパ球を上げる

体が冷えれば免疫は低下し、そして冷えた部分にがんが出来ます。

私たち人間は、体温を一定に保とうとする恒温動物です。

体温が上昇すれば下げようと働き、体温が低下すれば体外に熱を逃がさないように働きます。

体温を正常を保とうとする働きがあります

しかし、なんらかで機能が衰えると、体温は下がったままとなり、冷えた部分にがんが出来てしまうのです。

体温の低下は、免疫力の低下と比例します。

がんの人は、リンパ球(免疫細胞)の数が少ないことがわかっています。

お腹が冷えていませんか?

お腹は免疫をつくる場所です。

がんの人の多くは、お腹が冷えており免疫細胞が低下しています。

がんを治すためには【体を温め】【リンパ球】(免疫細胞)を

上げていき、効率よく体を温めることです。

それには、筋肉の多い部分を温めることが重要です。

『例えば太もも』

特に女性は座っているだけで下半身が冷え、足の付け根などに痛みを感じる人も少なくないですね。

食事をすると全身の血液が胃に集まってくるので、下半身はさらに冷やすくなりますので、食事のときや食後のくつろぎの時間など、太ももに湯たんぽをのせて温めると良いでしょう。

寝る時も電気毛布より湯たんぽがおススメです。

湯たんぽで温めると気持ちよく感じる時それは、体が冷えている証拠

湯たんぽで体が温まり→気持ちよく感じると副交感神経が刺激され→血管が開きます。

副交感神経が優位になると→リンパ球が次第に増えてきます。

血流を促す食品を摂るとさらに体熱を放出し、リンパ球が増えてきます。

体を温める前に総合健康食品などを摂るといいでしょう

私は入浴前にプロポリスを飲みます。

そして内臓にキレイな血液がしっかりと送られれば→内臓の働きも良くなり→体調も良くなります。

湯たんぽで体が温まると→心も落ち着きます。

体が温まると心も温かくなりますし、呼吸もゆったりとしてきます。

がん細胞は体が温かい環境と沢山の酸素が苦手なのです。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す