がんは原因を取り除くこと

胃がんで胃を切除または全摘する

乳がんで乳房を切除または全摘する

大腸がんで大腸を・・・  子宮がんで子宮を・・・  肺がんで肺を・・・

初期であれば、取り除けば大丈夫! と言われ乳房の一部を切除したものの、半年後再発・・・

次は全摘手術を受け、8ヶ月で今度は反対の乳房に腫瘍が見つかった、と悔しい思いで泣きながら相談をしてこられた乳がんの方

癌は慢性病、とお伝えしました。

腫瘍は単なる臓器の病変だと思っていませんか?

癌は臓器の病変ではなく、からだ全体の病です。

だから腫瘍だけを取り除いても、癌は治らないのです。

からだは全て繋がっています。

癌も、からだと繋がり、からだの一部です。

癌はからだの弱い場所、冷えた場所に出来ただけであって、危機はからだ全体に迫っているということ

癌が出来たということは、肝臓、腎臓、膵臓、消化器官・・・

主要臓器や器官も弱っていると考えた方がいいですね。

そこを放置して、目に見える腫瘍にだけに注目すると、再発転移をしてしまうことにもなるのです。

からだ全体の働きを高めていくことが、再発転移を防ぐ重要な点です。

癌は、肝臓、腎臓 (毒素の排出器官) や、リンパ系 (免疫器官) の働きが低下して、さまざまな器官に問題が生じた結果、出来てしまったものです。

癌は決して、単なる臓器の病変ではない

からだ全体の問題であり、慢性病です。

癌は原因を取り除くこと (原因治療) によって充分なおすことが出来る病気です。

再発転移を防ぐのは、自分自身です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す