何故、抗がん剤治療の賛否がおきるのか?

1981年以降、日本人の病気での死亡原因の1位はガンとなっています。

医療技術は年々、進歩していると言われていますが、なぜガンの死亡率は減らないのでしょう・・・

ガンになれば、抗ガン剤、放射線、手術といった治療法が当たり前のようにされていますが、お医者さんがガンになったときはどうでしょう。

自分がガンになったときに、99%のお医者さんは抗ガン剤治療をしないといわれます

実際、私の知り合いの医師もご自身もガンですが、抗ガン剤治療はされておらず、放射線も手術もされていないそうです。

彼は、早朝のウオーキングの後に、ニンジンジュースにプロポリスを入れて飲まれているだけです。

なぜ、お医者さんは自分には抗ガン剤を使われないのでしょう・・・

抗ガン剤は毒ガス兵器であるマスタードガスをもとにつくられました。

それだけ毒性の強いものが体に入れば、ガンも一時的に縮小することもあります。

しかし、ガン細胞だけではありません

正常な細胞まで死んでしまいます。。

そして、その後、ガン細胞の反撃がはじまります。

ガン細胞は耐性を持ち、新たなガンが発生します。

このリバウンド現象は、アメリカの国立がん研究所の報告でもわかっており、これが再発転移と言われる現象なのです。

そして、抗ガン剤は免疫力を低下させる為、感染症が起きやすくなり、命を落とす危険があることを、お医者さんは、よく知っているからです。

しかも、抗ガン剤の副作用は、治療をやめても長い期間に渡って体をむしばむつらい症状が続くものもたくさんあるからです。

残念なのですが、これが現実であり、無知の恐ろしさを痛感するところです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す