家系って本当?・遺伝性は5%

世間で、「がん家系という」言葉をよく聞くと思います。

お父さんもおじいちゃんも、父も母もその兄弟もみんな がんなのでがん家系、と言われる方もいらっしゃいます。

親子でがん治療をされれいる人もいます。

お父さんが肺がん、息子さんが胃がん

お母さんが子宮がん、娘さんが卵巣がん

遺伝なの・・・??

本当にそうでしょうか・・・

しかし、遺伝性のがんは5%に過ぎないと言われており、したがって95%は遺伝からではないということになります。

だったら、がん家系といわれる人こんなにもが多いのはなぜでしょう。

食べた物が、がんをつくります。(添加物・農薬・動物性食など)

使ったものが、がんをつくります。(化学製品・薬品など)

環境が、がんをつくります。(電磁波・排気ガスなど)

思考・行動が、がんをつくります。(マイナス思考・言霊など)


家族であれば、当然、食生活が同じだと思いますし、使うものが同じ可能性も大きいですね。

家族であれば、思考・行動が似ていても当然だと思います。

ということは、遺伝性のがんはたったの5%しかないのに、家族間で癌になっているのは、生き方(生活)のなかに共通する原因があるということでしょう。

夫婦においても同じですし、もし家族のなかで、がんの人がいるのならば、食生活、環境、行動など見直すことは大切ですね。

また放射線、抗がん剤の治療を受けた人は→汗などの分泌物、尿、便などの排泄物から→有害な成分(発がん物質)が排出されると言われています。

シーツ、タオル、トイレなどにも気を付けた方がいいですね。

人間の体は皮膚からも、さまざまなものを吸収をします。

体に良いものも吸収しますが、逆に発がん物質など悪いものも吸収します。

家族の誰かが気付くことで負の連鎖をとめるしかないのです。
                                        知らないうちに吸収してしまった発がん物質は、体内にしっかりと蓄えられていきます。

縮んだがん細胞が再び増殖していくことも家族の誰かが気付くしかないのです。


小林麻央さんのように幼い子どもを抱えた方が、がんで亡くなっていくのをみるとたまらない気持ちになり、残された子どもさんのことを思うと胸が張り裂ける思いです。

これから、まだ癌は増え続けていきます。

大切な子ども達、愛する家族のために、そしてがんを連鎖させないために・・・

ひとりでも多くの方が気付かれますこと

せつに願っています。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

 

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す