がんを治すには愚かさに気がつくこと

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

自然療法には、温熱、食事療法、健康食品、鍼灸など様々なものがあります。

しかし、これだけに頼っていても治りません。

なぜなら、ガンは、自分の思考癖や生き方がつくった病だからです。

心と体を切り離すことは出来ません。

どちらか片方だけを治しても、ガンは治せません。

人参ジュースを飲んでいますが

温熱に通っていますが

ウオーキングをしていますが

○○をやって治った人はいますか?

○○の効果はどのくらいありますか?

などの質問をよくされます。

がんを治した人は、それだけをやって治したわけではないのです。

そして、がん治しはみんな違い、絶対というものはないのです。

がんを治すには、原理原則を知ることが大切

原理原則を学ばなければ、がんを治すことは出来ません。

ただ、人参ジュースを飲めばいい、ただ、温熱をすればいい、ただ、ウオーキングをすればいいわけではありません。

これらは、がんを治すためのアイテムのひとつであって、これらが癌を治してくれるわけではないのです。

もちろん良きアイテムとして大いに活用することは必要だと思います。

私の愛用アイテムはこちらから

最も大切なことは、まずは自分の愚かさに気付くことです。

がんは、自分の思考癖、生き方がつくった病気です。

●他人に答えを求める思考癖をなおします。

人の命は、たとえ医者であってもわかりません。

●他人や物に依存する生き方もなおします。

人の病気は、他人が治すことはできません。

●上手くいかない時、他人や物もせいにする思考癖をなおします。

いくら人のせいにしても何もかわりません。

●他人と比較する生き方をなおします。

自分と全く同じ人間はこの世に存在しません。

●結果を先に求める思考癖をなおします。

結果は誰にもわからないことです。

つまり、頼るのは自分です。

自分の愚かさに気付き、思考癖、生き方を変えていく

そして自分のからだの声を聴くことです。

治った人のやり方、意見を参考にすることは希望となり、大変良いことですね。

○○で癌が消えた人がいるからやってみる、ではなく

自分が直感的に良いと感じたことを取り入れていく

人はみなそれぞれ違うのですから

自分の体を一番よく知っている自分の直感を信じてみることは大切ですね。

私も自分の直感を信じて迷わずプロポリスを選択しました。

それまでの私は、自分で選択することが出来なかったのです。

病気になったおかげで、思考癖、生き方を変えることが出来ました。

がんに感謝です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す