湯たんぽでお腹をあたためリンパ球を上げる

体が冷えれば免疫は低下し、そして冷えた部分にがんが出来ます。

私たち人間は、体温を一定に保とうとする恒温動物です。

体温が上昇すれば下げようと働き、体温が低下すれば体外に熱を逃がさないように働きます。

体温を正常を保とうとする働きがあります

しかし、なんらかで機能が衰えると、体温は下がったままとなり、冷えた部分にがんが出来てしまうのです。

体温の低下は、免疫力の低下と比例します。

がんの人は、リンパ球(免疫細胞)の数が少ないことがわかっています。

お腹が冷えていませんか?

お腹は免疫をつくる場所です。

がんの人の多くは、お腹が冷えており免疫細胞が低下しています。

がんを治すためには【体を温め】【リンパ球】(免疫細胞)を

上げていき、効率よく体を温めることです。

それには、筋肉の多い部分を温めることが重要です。

『例えば太もも』

特に女性は座っているだけで下半身が冷え、足の付け根などに痛みを感じる人も少なくないですね。

食事をすると全身の血液が胃に集まってくるので、下半身はさらに冷やすくなりますので、食事のときや食後のくつろぎの時間など、太ももに湯たんぽをのせて温めると良いでしょう。

寝る時も電気毛布より湯たんぽがおススメです。

湯たんぽで温めると気持ちよく感じる時それは、体が冷えている証拠

湯たんぽで体が温まり→気持ちよく感じると副交感神経が刺激され→血管が開きます。

副交感神経が優位になると→リンパ球が次第に増えてきます。

血流を促す食品を摂るとさらに体熱を放出し、リンパ球が増えてきます。

体を温める前に総合健康食品などを摂るといいでしょう

私は入浴前にプロポリスを飲みます。

そして内臓にキレイな血液がしっかりと送られれば→内臓の働きも良くなり→体調も良くなります。

湯たんぽで体が温まると→心も落ち着きます。

体が温まると心も温かくなりますし、呼吸もゆったりとしてきます。

がん細胞は体が温かい環境と沢山の酸素が苦手なのです。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

牛乳で骨折?

体や骨に良いといわれてきた牛乳

この話は、人間のことではなく、子牛のお話のようですね 

小さな子牛が、たった数年で1トン近い成牛になるのですから、牛乳はすばらしい栄養です。

ですが、人間が摂ると→早老、つまり若くして→病気にかかりやすくなる

ということです。

そして、この牛乳に含まれる【乳糖】が日本人にとっては問題といわれています。

乳糖は【ラクターゼ】という分解酵素によって分解されますが,アフリカ人やアジア人は幼児期以降、分泌されなくなります。

分解する酵素がないのに乳糖が体内に入ればどうなるでしょう・・・

牛乳のカルシウムは吸収されないばかりか、体内にあるカルシウムを外に排出してします。

その結果、カルシウム不足となり骨折しやすくなるのです。

嘘のような本当の話にびっくりです。

牛乳を1日3杯以上飲む人は、股関節骨折の確率が60%も高く、がんが骨転移しているから骨折を防ぐためにと、牛乳をしっかりと飲んでいる人は心配です。

牛乳を飲みなさい!といわれた世代

牛乳とがんの関係はどうなのでしょう。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

ワクチンの中身を知ることも大切

インフルエンザワクチンは効かないことは百も承知

実際の現場でのインフルエンザの罹患率を調べても何の効果もなかったことは証明されています。

そもそもインフルエンザウイルスは鼻や喉から感染します。

私たちの鼻水や唾液に含まれる免疫IgAが感染を防いでくれているのですが、現行のワクチンの内容では全く予防になっていないことは多くの専門家も指摘していますね。

しかも、多くの発ガン物質を含んでいること

ワクチンは多種多様の猛毒でつくられていますね。

『ワクチンには、80~100種類の猛毒が入っている。有機水銀化合物のチメロサールなんていう神経毒が、子どもに与えていい安全基準量の1000倍も2000倍も入っているし、発ガン物質のホルマリンも入っている。それから豚とか牛とか猿の体液が入ってるんだ。子宮頸ガンなんか、蛾の細胞からできている』

船瀬俊介氏のご著書にもありました

多くのワクチンに使われている『チメロサール』は水銀の一種で非常に危険であり、特に子ども達に与える影響はどうでしょう。

これからインフルエンザの季節ですね

ワクチンもよく考えたいものです

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん対策に毎日摂りたいもの

気温の低下で、菌やウイルスが体内に侵入してきやすくなっています。

そこで、毎日摂りたいもの

ニンニクです。

ニンニクは中国では抗菌剤として使われ、抗菌作用の強さは数々の研究で報告されています。

なかでもニンニクに含まれるアリシンという匂いの成分は、抗真菌作用を持つことがわかっています。

カンジタ膣炎に悩まされた経験、ありませんか?

お話を聞いていると、子宮がん、卵巣がんの共通点でもあります。

カンジタ症を繰り返す

いくら薬で退治しても、また薬に勝つ菌が出てきます。

薬の耐性ができ、治しても治してもまた発症するようになります。

その度に免疫力は低下し、さらに菌が増殖しやすくなります。

だから・・・

真菌予防をすることが重要です。

カンジタ症を繰り返す人に必要なもの

抗真菌作用がある食べ物です。

アメリカでは、真菌の自然療法としてニンニクがすすめられています。

また、ニンニクはフィトケミカル(抗酸化物質)がとても豊富です。

アメリカの国立がん研究所では、疫学調査で植物性食品が、がん細胞を抑制する効果があり、そのなかでもニンニクが最も効果が高い食品と位置づけています。

ニンニクに含まれる抗酸化物質は、活性酸素による遺伝子の損傷を防いだり、がん細胞をアポトーシスに導くなどの作用があります。

さらには、免疫細胞(リンパ球)の働きを活性化することも明らかになっています。

真菌予防、がん予防に

1日ひとかけらのニンニクを食べたいですね。/

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんを増殖させる電磁波を遠ざける

電気機器は生活には欠かせないもので、家の中にはたくさんあります。

10年前、20年前にはなかったものが・・・

今では当たり前のようにたくさん使われており、生活のなかの電磁波は増えるばかり

この「電磁波」が「がん」を増やしている原因でもあります。

常に持ち歩いている携帯電話もがんをつくる原因でしょう・・・

WHO(世界保健機構)の専門機関である【国際がん研究機関】が、携帯電話などから発生する高周波の電磁波について「発がん性の可能性あり」という評価結果が発表さています。 


携帯を耳に当てて10年以上使い続けると脳腫瘍になる確率が3.9倍も増えるそうです。(スウェーデン報告)

この原因は、発信している電波(マイクロ波)に発ガン性があるからです。
 

世界的権威ロバート・ベッカー博士の警告によれば、その他にも電磁波はこんな影響を与えているそうです。

成長細胞ダメージ、発ガン性、ガン促進、催奇形性、神経ホルモン混乱、自殺や異常行動、生理リズム破壊、ストレス反応、免疫力低下、学習能力低下など

怖い現実です。

避けては生活できない現代ですが、使わなくても済むものは出来るだけ使いたくないものです。

頭痛、めまい、疲労感、脳DNA破壊・・・

日本で電磁波については、まだあまり重要視されていません。

しかし、ヨーロッパを中心として携帯電話の電磁波が人体・子どもに悪影響を及ぼすものとして世界的に危惧されています。

大人の脳より子どもの脳は小さく頭蓋骨も薄い、しかも未熟とあり大人より電磁波の影響を受けやすいのです。

そして、頭の中に入っていった電磁波は頭の中に蓄積されます。

ヨーロッパ各国で共通して16歳未満の子どもの携帯電話の使用を禁止すべきとしています。
 

せめて、スピーカーやイヤホンを使うなどして耳から離して使うなど工夫はしたいものです。

寝るときは、枕元から離すことも大切です。

とくにがんの人は、がんを増殖させないためにも気をつけたいですね。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)



 

 

冥胘反応早く出る人は治癒力がある

私たちの体の中に必要ないものはないのです。

体に起きる現象はすべて意味があるのです。

発熱、痛み、鼻水、咳、発疹、すべてに意味があって起きている現象です。

侵入してきたウイルスや細菌と体が闘うために発熱をします。

ウイルスや毒素・異物を体外に出すために鼻水や咳、発疹が出ます。

しかし、これらの症状が出るときには不快を生じ、薬で症状を抑えようとしてしまいます。

なぜその現象が今、起きているのかを考えたら、薬で抑えることは結果的に逆効果を生んでしまうこともあるのです。

毒素を出すために起きている症状を抑え込んでしまえば、毒素は出なくなります。

そして薬品を使えば、毒素の原因になるさ活性酸素がさらに増え、血液を汚してしまいます。

毒素がたくさん溜まっていることを教えてくれるために癌は出来たのです。

排毒が始まれば、何かしらのつらい症状も現れるでしょう。

溜まった毒素が多ければ多いだけ、症状も強く出るかもしれません。

これらの瞑眩反応が現れて、体は治癒へ向かうのです。

本来あるべき姿に戻そうとする働きなのです。

塊を少しずつ溶かして排毒する

瞑眩反応が早い人ほど、体を元に戻そうとする働きがあるといわれています。

しかし悪化した、体に合わなかった、と解釈する人も少なくないでしょう。

自分の体の自然治癒力を感じることが出来るかどうか・・・

それは大自然との調和、法則にしたがえば自然に力つくものです。

そして、大自然の恵み・自然界の波動をしっかりと受け取ることが出来れば、がんは治るのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

柚子はちみつティーで心も体もぽっかぽか

コーヒーが大好きな私ですが、こんな日は柚子はちみつティーを頂きます

大量に頂いた無農薬の柚子をブラジル産はちみつでことことに詰め・・・

ジャムにしたものです

柚子のビタミンで風邪予防キラキラ そして、はちみつは胃腸にも優しく働きかけ、疲れた体を癒してくれます

そこに私は蜂粋ゴールドプロポリスを1滴入れて飲みます

たまらなくポカポカドキドキドキドキ 気持ちがいいです

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

焼き梅で血流をスムーズに

食物・血液・水の三毒を断つと言われる梅干し

梅干しには、血液をサラサラにし、体内のエネルギー代謝を活発にして余分な脂肪を燃焼させるクエン酸が豊富に含まれています。

また、固くなった筋肉をやわらかくし血流を改善する「ムメフラール」という物質が含まれています。

この血行を改善する「ムメフラール」は梅干しを加熱すると、梅干しの糖とクエン酸が化学変化を起こし発生することがわかっています。

つまり加熱していない梅干しには、このムメフラールはありませんので、血流を改善したい方は、梅干しをフライパンで焼いたり、調理して使うことをおススメします

まとめて焼いて、冷蔵庫で保管しても効果はかわりませんので、毎回焼くのが面倒な方にはいいですね

焼いた梅干しは、体を温める効果が非常に高く、水毒の排出力も高いようです。

そして、梅干しに含まれるクエン酸には、腸壁を刺激する働きがあり、腸の蠕動運動活発化し、便秘の解消にとても有り難いですね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

愛の言霊と感情でNk細胞活性化

ガンは心に大きな不安を与え、ストレスをさらに増加させてしまいます。

転移と聞いて恐怖を感じない人はいないでしょう。

私たちのなかで、【ガン=死】 であると潜在意識にしっかりと刻み込まれています。

特に有名人のガン宣告や訃報を目にすると、恐怖心はさらにあおられます。

健康な人でも怖いと感じ、病院へ検査に飛んでいく人も少なくないのですから、当然 現在進行形の方は不安や恐怖の苦しみから大きなストレスとなることでしょう。

このような強いストレスは、ガンを急激に大きくしてしまいます

自律神経を乱してしまうストレスは、体温を下げ、呼吸も浅くなり、ガンが増殖する環境へどんどん陥っていきます。

たった1日で、大豆ほどの大きさになることもあると言われています。

悲しみと不安で毎日 涙ばかり流していませんか?

孤独と恐怖感に襲われていませんか?

不平不満・愚痴・悲しみ・恨み・不安は、負の言霊であり、言葉通りの現実を引き寄せてしまいます。

不平不満・愚痴・悲しみ・恨み、不安は、負の心であり、交感神経を優位にさせてしまい、活性酸素を大量に発生させてしまいます。

すると、リンパ球が減少し、ガン細胞をパトロールしてれているNK細胞の動きが抑制されてしまいます。

発した言葉が、自分にストレスを与え、免疫機能に影響を与えているのです。

これを変えることは、自分にしか出来ないことです。

副交感神経に働きかける心がホワッとする言葉

『ありがとうございます』 と 『感謝しています』 を言ってみませんか?

『ありがとう』や『感謝』 は、愛の言霊の最高峰ですね

愛の言霊は、その言葉通りの現実を引き寄せてくれます。

そして、笑うこと

笑いは、愛の感情の最高峰であり、副交感神経に働きかけてくれます。

副交感神経が優位になるとリンパ球が増え、ガン細胞を退治してくれているNK細胞が活発になります。

苦しい時こそ、愛の言霊や愛の感情を出してみませんか?

愛の言霊や愛の感情は、自分の為だけでなく、周りに喜びと幸せを与えます。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

藪をつついて蛇を出すのも治療?

「藪をつついて蛇を出す」

余計なことをして、かえって自分にとって悪い結果を招くこと

このような結果を招くなんて想像もしていなかったでしょう…

つい昨日まで、何の不調もなく元気に働いていた人が、会社の検診でガンが見つかり、即手術、そして抗ガン剤、放射線治療…

1ヶ月前の姿は見る影もなく

まるで別人のように、やつれていく

そして、たった数ヶ月のうちに亡くなっていく

周りでささやかれる声は

「つつかなければ良かったのに…」

「もったいない…」

「やぶへびだよ…」

残念ながら、よくあることです。

これは、あまりの無知さが起こした結果なのかもしれません。

病気は、病院や名医が治してくれるものと思い込んでいませんか?

自分の体の声を聞かずして、他人の声を聞き、言われるがまま、調べることもなく、まっしぐらに藪をつついていく。

つつかなければ、じっとしていてくれたのに、つついてしまったために、おとなしくしていた蛇を起こしてしまう。

つつかれ怒った蛇は、狂暴化し容赦無く襲ってくる。

こんなことが起きてませんか?

常識なことをしただけ。

すすめられたからしただけ。

藪をつついたつもりはなかった…

これは日本人特有の感覚だそうです。

人任せ、薬任せの治療が当たり前の日本ですから、自分の体の声より、検査結果や病院の声だけを聞き、化学治療に励まれる方がほとんどですね。

このようなガン治療は、国際レベルでも珍しい国だと言われています。

前立腺ガンなどは、スウェーデンでは治療をしないのが普通だそうで、日本は治療をするのが常識です。

これは、わざわざ藪をつついて蛇を出す必要がない、との判断なのかもしれませんね・・・

同じ人間なのに、国によってこうまで常識が違うはおかしな話です。

無知は、藪蛇の道かもしれません。

藪蛇さんになりたくなければ、きちんとした知識をもち、もっと自分の体を知り、自分の体は自分で守ることです。

また、日頃から人や薬にに頼らなくて済むように、心と体の管理を心がける必要がありますね。

ガンは自分の生き方がつくった病です。

まずは、自分の生き方を振り返ってみることが大切だと思います。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)