ストレスを感謝に変えて、がんと上手に付き合う

現代に生きる私たちは、昔の人に比べると、非常に環境に恵まれています。

昔は、冷えや貧しさ、そして過酷な労働など、肉体的ストレスによって、がんなどの病気が起きていました。

しかし、今のがんの多くは、精神的ストレスが原因だといわれています。

精神的ストレスは、交感神経を緊張状態にします。

よって、リンパ球が減少し、がん細胞が増殖します。

どんなに体を温める環境があっても、がんに良い食材があっても、ストレスを抱えていたのでは、体を本当に癒してあげることは出来ません。

悩み、不安、不満・・・

どんなに悩んでも、どんなに思っても、状況は変わらない

それどころか、かえって体に害を与えます。

だったら、楽しんで生きませんか?

がんになって、不安で仕方ない

ですが、考えれば考えるだけ、体を傷めます。

がんをなおすためには、不安というストレスを捨てなければいけません。

ストレスがかかると呼吸は浅くなり、酸素が少なくなります。

低酸素は、がんの道

なかなか思え切れないかもしれませんが、生きているだけで有り難いと思ってみませんか?

不安を考えるより、今あることに感謝してみる

その方が、心が楽になります。

心が楽になれば、呼吸が深くなります。

そして酸素がしっかりと取り込まれます。

酸素がしっかりと入れば、がん細胞は生きにくくなります。

がんと心は繋がっていますね。

がんになったことで自分は不幸だと捉えるのか

がんになったことで自分の生き方を変える機会が出来たと捉えるか

かかってくるストレスはまったく違ってきます。

それどころか、感謝に変わってきます。

せっかく恵まれた環境にある現代ですから・・・

自分にとってプラスになる思考で、ストレスを感謝に変えて、がんと上手にお付き合いしたいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す