秋茄子は嫁に食わすな

秋茄子は嫁に食わすな

昔からよく使われるこの言葉には嫁に対する2つの説があります。

秋茄子は、とても味がよいので、憎い嫁に食わすなといった姑の嫁いびり説

そして、茄子は体を冷やすので大切な嫁に食わすなといった嫁思いの説

種子が少ないので、子種が少なくなるから嫁に食わすなという説も・・・

本当のところはわかりませんが、大切な嫁を思う説と思っておきたいですね

秋茄子は、皮が薄く実がしっかりとしていて美味しく、露地栽培の収穫期は7月~10月頃です。

茄子は、カロリーが低くとってもヘルシーな野菜です。

ですが、茄子の紫色の皮には、ポリフェノールがどっさり

茄子の皮には、強い抗酸化作用があり、血液をサラサラにしてくれ、動脈硬化の予防効果があります。

体を冷やすため食べ過ぎはよくありませんが、ガン予防にはとてもよい茄子です。

冷やす作用を利用して、軽い火傷のときには、冷蔵庫で冷やした茄子を湿布をすると炎症がおさまります。

また、茄子はぬか漬けにするとビタミンB1やカリウムが倍増するので、昔からぬか漬けには欠かせない野菜ですね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す