味噌汁の煮汁で免疫を上げる

暑い季節は、味噌汁やスープを飲む回数が減りがちです。

ですが、この暑い季節だからこそ野菜をたっぷり使った味噌汁やスープは必要です。

野菜のなかでもキノコ類には、β-グルカンという物質が含まれているのでおススメです。

キノコに含まれるβ-グルカンは、活性酸素を除去する抗酸化作用やT細胞の働きを活性化し免疫を高めてくれるなど優れた効用があります。

特にβ-グルカンは、水に溶けだすので、お味噌汁やスープで摂るのが適しています。

直接、ガン細胞に作用するわけではありませんが、キノコは低カロリーで酸化防止や免疫向上にはとても良い食べ物です。

味噌汁、スープにキノコをたっぷり入れると、β-グルカンも煮汁にしっかりと溶け出しています。

乾燥シイタケの戻し汁にもβ-グルカンがたっぷりと含まれています。

戻し汁も活用するといいですね。

β-グルカンはキノコを食べればしっかりと摂取できます。

食用のキノコの種類なら何でも大丈夫

β-グルカンを含む野菜は、その他にもあります。

苦み、香りの強い野菜、色の濃い野菜

玉ねぎ、かぼちゃ、ごぼう、人参、ネギ、ニンニクなど・・・

野菜の煮汁は活性酸素を除去する最高のエキスです。

また、これらの有用成分は、野菜の皮や茎に多く含まれています。

野菜は出来るだけ農薬を使わない自然栽培のもので、皮のまま丸ごと使うことをおススメします。

安全面だけでなく、栄養値が全く違ってきます。

そして、生きたお味噌を使いましょう。

生きている食べ物とは・・・

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への                                                                                               ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す