がんと体の酸化?の関係

現代社会は、活性酸素が大量に発生する物質であふれています。

活性酸素の影響で細胞は酸化し傷き癌などの病気を発症します。

活性酸素が引き起す病気は、わかっているだけでも200種類以上あるそうです。

なぜ活性酸素が病気を引き起こすのでしょうか・・・

りんごを切ると切り口が茶色の変色します。

これが酸化といわれるものです。

この活性酸素によって体内でも同じことが起きています。

私たちの体は活性酸素の酸化から体を守るため、抗酸化力が備わっています。

しかし、この抗酸化力が急速に低下するのが40歳をすぎたころです

厄年とはよくいったものですね。

この頃から、体内の抗酸化力は衰えます。

活性酸素は増える一方になります。

ここで対策をしなければ、がんなどの病気を遠ざけることは出来ないのです。

具体的な対策とは・・・

まずは活性酸素が発生する環境からできる限り、離れることです。

タバコ、添加物、薬、電磁波、放射線、ストレスなど・・・

自然のなかで過ごすなど、工夫するといいですね。

そして、抗酸化物質を沢山含んだ食品を積極的に摂ることです。

活性酸素を抑えることです。

がんになったということ

それは、活性酸素が過剰であるということです。

がんを治すには、活性酸素を増やさない、そのままにしないことです。

私はフィトケミカルたっぷりなプロポリス原液を・・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った          女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す