寝るときは枕元から携帯電話を遠ざける

現代の生活では、携帯電話が手放せない存在となっています。

ですが・・・

この携帯電話をはじめとする電磁波が、体に大きな影響を与えているのも事実です。

電磁波とがんの関係も指摘されています。

携帯電話などから発生する高周波の電磁波について「発がん性の可能性あり」という評価結果を国際がん研究機関が発表しています。

24時間、肌身離さず持っている携帯電話も活性酸素をたくさん生み、体に大きなストレスを与えています。

寝るとき、携帯電話を枕元に置いていませんか?

寝ている間にも、活性酸素はどんど発生しています。

同じ部屋に置くなら、足元の方におくことをおススメします。

そして、携帯電話はイヤホンなどを使って、耳に当てないよう工夫をします。

携帯を耳に当てて10年以上使うと、脳腫瘍になる率は3.9倍も増える(スウェーデン報告)

これは発信している電波(マイクロ波)に発ガン性があるからですね。

特に発信(コール)中は危険だと言われます。

また、ホットカーペットは300倍もの危険

発ガンマットだと船瀬俊介氏はいわれています。

この季節、ホットカーペットに横になって、携帯電話を使っている人も少なくないのでは・・・

電気毛布も同じですね。

ホットカーペットや電気毛布より、湯たんぽがおススメです。

電磁波を避けては生活できない現代人ですが、使わなくても済むものは出来るだけ使わず、生活したいものですね。

ガンを促進してしまう報告がある以上、気をつけたいですね。

世界的権威ロバート・ベッカー博士の電磁波に対する警告

● 成長細胞ダメージ

● 発ガン性

● ガン促進

● 催奇形性

● 神経ホルモン混乱

● 自殺や異常行動

● 生理リズム破壊

● ストレス反応

● 免疫力低下

● 学習能力低下

ときには携帯電話を手放し、電磁波が少ない自然の中で、心身共に癒したいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った          女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す