検査が乳がんを引き起す??

マンモグラフィ検査は、乳がんを発見する以上に乳がんを引き起こす

そんな内容を目にしたことがあるという人は増えたのではないでしょうか・・・

レントゲン被曝による癌が増えていると言われています。

特にCTスキャンでは、一度の検査でX線写真の百倍も被曝するとされています。

被曝は怖い

でも、日本はがん検診において広く活用されているのが現状ですね。

これががんの原因になっているとしたら??

ぞっとします。

検診に度に、経過観察のために、通常の何倍もの被曝をする。

再発転移の原因になる被曝は避けたいところですね。

再発転移を恐れながらもCT検査を受けることに、罪悪感ともいえる気持ちで悩んでいる人もいます。

断る勇気がない・・・といわれる人もいます。

ですが、自分の体は自分で守るしかありません。

必要な検査、そうでないものをしっかりと見極め、また被曝後はしっかりと抗酸化物質を摂ることですね。

発ガンの3.2%はCT撮影時によるX線被曝と言われています。

またマンモグラフィ検査は乳がん検診の診断が正確を欠くということはよく取り上げられています。

検査にもリスクがあることを知り、メリットとデメリットをよく考え、きちんと選択することが大事と思います。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った          女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

今のこの瞬間を意識する

克服・成功する人は

時間を最も重要とします。

今をチャンスと考える

どんな人でも自分の持ち時間は限られ

限られた時間を直視し、今のこの瞬間を意識することでチャンスを結果に繋げるのです

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                         女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治療の不安・自分の体は自分で守る

がん治療に対する不安

悶々とした気持ちで過ごしている人がとても多いですね。

悩み、迷い

治療の選択が出来ないまま時間だけが過ぎている人もいます。

治療を受けているものの、再発転移を繰り返し、不安でつぶれそうな思いをしている人もいます。

がん以上に、副作用で苦しみ、恐怖を感じている人もいます。

8割の人が治療による副作用で亡くなっているという報告をみれば、当然怖くなります。

私も以前は、癌になったら、癌で死を迎えると思ってました。

しかし実際には、癌そのもので亡くなる人は少なく、感染症や敗血症など、他の症状で亡くなっている

そのことを知り、生きるためには、自分の体は自分で守らなければならないことを強く感じました。

これらは治療によって、免疫機能が削ぎ落された結果です。

抗がん剤多投与グループほど短命(米東海岸リポート)

抗がん剤の毒性は、がん細胞だけでなく、患者さんの全身細胞を総攻撃します。

脱毛、嘔吐、倦怠感、下痢・・・

これらは表面に出た一部の症状であり、自分でも気付かない体のなかで大きな変化を起こしています。

体内で癌と闘ってくれているNK細胞をはじめとした免疫細胞たちは、抗がん剤によって攻撃されます。

その結果、起きるのが二次発がんや感染症です。

免疫機能を失った体は、様々なウイルスや菌に感染してしまうのです。

通常なら自分の免疫力で跳ね返すことの出来る菌にも感染してしまう・・・

体力がなくなっている体は、ウイルスや菌と闘うことが出来ず、肺炎など重い症状を起こしてしまいます。

特に、抗がん剤治療で体力が落ちている人へのお見舞いは、慎重にするべきですね。

「癌を叩く」 と表現される抗がん剤

叩いているのは、癌細胞だけでなく、自分の体も叩いてしまっているのです。

だから、体をしっかりとケアしてあげることです。

癌から体を守ってくれる免疫力を削ぎ落とさないよう

自分で体を守っていくことが、自分の命を守ることになります。

せっかく頂いた命を縮めないよう自分の体は自分で守る

しっかりとした栄養成分を摂り、おおらかな心で過ごす

がんをなおす生き方です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った          女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

水分を摂り過ぎで血流が悪くなっていませんか?

ふくらはぎ上部や足首にむくみが起きていませんか?

水分を摂り過ぎてないですか??

人間の生命にとって水は非常に重要な存在です。

しかし、生命にとってどんなに重要な水であっても、摂りすぎ、摂り方によっては害になります。

水の摂りすぎは、腸を冷やし腎臓機能を低下させ、結果、水毒となります。

水分を摂っても十分な排泄が出来なければ、浮腫み一方ですね。

水分が溜まることで、血流が低下し、冷えはさらにすすみ、免疫力を低下させてしまいます。

これが、がんの原因にもなります。

また、血栓予防に、『水をしっかり摂りなさい』 という声をよく耳にします。

血液をサラサラにするために水分を摂っても、血流を悪化させ免疫力を落としていたのでは何にもなりません。

摂った水分は溜め込まないことです。

私たちの体には多くの血管が通っています。

血管内で血の固まりが詰まることを血栓症といい、血液の流れを止めてしまうのです。

出来た場所によって、脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こすことがあります。

足の静脈に出来る深部静脈血栓症は意外にも多くの方が無症状のまま発症しています。

実は、癌は血栓症と非常に深い関わりがあり、癌の多くの人は、血栓症を起こしています。

足は動かすことで血液を循環させていますが、長時間座ったままだったり、室内で過ごすことが多く歩くことが少ない人は要注意です。

血液の流れが悪くなり、血栓症が起き、癌も出来やすくなります。

血栓症予防、浮腫み予防にも、適度に体を動かすことです。

そして、水分は体を温めるものを摂ることが大切です。

水より白湯

緑茶より番茶

コーヒーより紅茶がいいですね。

特にお腹の冷えを感じる時は、白湯に少量の自然塩を入れるといいですね。

血流が促されます。

私は朝起きたらプロポリスと自然塩入りの白湯を飲みます。

おかげで、お腹はポカポカです。

【私が毎朝飲んでいるプロポリス】 こちらから

https://www.qualitypro.jp/gantaiken/

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った          女性社長 ひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

常識や世間の正しさにとらわれない

常識や基準にとらわれる自分

正しいか正しくないかにとらわれる自分

本当に大切なものは

常識や世間の正しさではなく、明るさです。

神様から愛される明るい心を・・・

「私の体験・取り組んだこと」 はこちらから

https://www.qualitypro.jp/gantaiken/

がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                         女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんのストレス・治療のご褒美に甘いもの食べていませんか?

疲れたとき、イライラしたとき、欲しくなる甘いもの

食べるとほっとします。

これは、砂糖の持つ依存性です。

ストレスを感じると体が砂糖を求め、砂糖が切れるとイライラしてくる

心も体も狂わせてしまいます。

やがて甘いものでも、心も体は落ち着かなくなります。

そして、安定剤という薬を飲むことにもなりかねないのです。

疲れた心と同じように、がん細胞も砂糖を好みます。

がんは、糖をエサに成長します。

がんは、糖が大好物なのです。

がんのストレス、治療のご褒美に

スイーツ食べていませんか?

お見舞いにケーキやプリン

大丈夫ですか?

がん細胞を増殖させないため、砂糖は避ける必要がありますね。

お料理に、どうしても甘みが必要なときは、発酵調味料がおススメです。

そして薬は、さらにガン細胞が増殖しやすい環境をつくってしまいます。

高血糖は、がんの道

食べたいけれど、今は我慢のとき

砂糖に依存しないよう心の持ち方を変え、ストレスを軽減していきたいですね。

私も糖をたくさん摂ってきたので不安でしたが、プロポリスを飲むようになり、甘いものを必要としなくなりました。

【私のおススメするプロポリス】 こちらから

https://www.qualitypro.jp/gantaiken/

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った          女性社長 塚本みづほひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

マイナスイオンで自然治癒力を高める

病気の原因の大半は、活性酸素と言われています。

体液中に活性酸素が増え、血液が酸性に偏ります。

酸血症といいますが、遺伝子、細胞、器官、組織を活性酸素が強烈に傷つけます。

そして、がんなど病気をつくってしまいます。

この活性酸素が過剰になる原因は、薬、添加物、農薬などの化学物質やストレスなどです。

自分で気付かないうちに、活性酸素が増やしている原因には、空気があります。

排気ガスはもちろん、エアコンの室外機の風、洗濯乾燥機から出る風、ビルの谷間の換気扇の風、気分が悪くなるような空気

これらプラスイオンは、吸い込むことで血液中に溶けて血液を酸性にしてしまいます。

活性酸素を増やす大きな原因であり、体に害を与えているのです。

お休みの日くらいは、川の流れる音、木々が風に揺れる音、海の波の音など、マイナスイオンがたくさん放出されている世界で過ごすといいですね。

マイナスイオンは、生命力を活性化させ、自然治癒力を高めてくれます。

私が愛用する 蜂粋ゴールドプロポリスもマイナスイオンがたくさん出ている自然のなかで、じっくりと長い長い月日をかけ熟成させています。

「私とプロポリスの出逢い」 はこちらから

https://www.qualitypro.jp/gantaiken/

がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った          女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

人を許した分だけ幸せになる

人は、傷つけ傷つけられ生きています。

人を許せない生き方は自分が苦しみます。

自分を傷つけた人を許す

人を許した分だけ、幸せになるのです。

人を許すことは、自分への最高のプレゼントです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った          女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん死亡者が減るアメリカと何が違うの?

アメリカでは、がん死亡者数が急激に減っています。

しかも1年間に数千人単位で減っています。

日本は逆です。

今は、若い人が癌で亡くなるとう話は珍しくなく、年齢に関係なく多くの人が命を落としています。

増え続ける日本

アメリカと何が違うのでしょうか・・・

ある新聞の報道によれば、アメリカのがん患者の40~60%の人が、サプリメントや祈りといった療法を試みているとのこと(米癌学会)

アメリカも昔は、抗がん剤、放射線、手術といった三大療法が主流でしたが、さまざまな報告により代替療法が認められ、食事、運動、心理療法などが積極的に取り入れられています。

統計調査によると、特に女性や若者の方が積極的なようです。

実際、私のクライアントさんも9割が女性です。

年齢も30代から50代の方がほとんどです。

いずれにしても、アメリカの死亡者を減らした行動を、素直に見習うべきと感じます。

がんは自分の体内で発生した細胞です。

外から入ってきたウイルスたちとは違います。

だから、自分が生き方を変えたことで、がん死から逃れることが出来た、というのは納得できます。

自分で取り組む療法は、自分だけが頼りです。

そして、体や心に対する意識が変わってきます。

それも、がん死亡者が減った理由のひとつなのではないかと感じます。

いいものはどんどん取り入れていく

どうかこれ以上、悲しむ人が増えませぬように・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った          女性社長 ひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

毒はもう嫌!経皮毒が気になる人に

毎日使う基礎化粧品だから、安全なものを使いたい

がんになって初めて、経皮毒が怖いことを知った私です。

毎日のことだから、安心して使えるものを選びたいですね

そこで、私が使っている基礎化粧品をご紹介します。

クレオパトラが愛したとされる美容液成分たっぷりのクリーム


ダマスクバラの花弁から抽出される精油を使用した保湿クリームです。

ダマスクバラは保湿特性があり、乾燥肌、敏感肌、エイジングの肌に適してるのです

ダマスクバラ花油を1滴つくるためには、30個ものダマスクローズの花が必要です。

だからとても貴重なもの

そして、優雅な香りは、気持ちを明るく肯定的にする働きもあり

ダマスクバラ精油の香りは、高貴で自然の香りの女王とも言われています。

自分への今日のご褒美に

お休み前にお顔につけて香りも楽しんでいます

明日への希望も込めて

自律神経やホルモンの乱れやが気になる方にはおススメです。

朝はお化粧下地としても使えるので便利です

【若肌づくりに必要な美容成分配合】

● コラーゲン
● セラミド3種
● プラセンタエキス
● ダマスクバラ花油
● アスタキサンチン

【もっちり極潤 4大保湿成分配合】

★ オーキッド(蘭)エキス
★ ハイビスカス花エキス
★ プロテオグリカン
★ 高濃度ヒアルロン酸

しっとりとした使い心地で気持ちいい~

実感してくださいね!

もう毒はイヤ!!そんな人に安心な保湿クリームです。

https://www.qualitypro.co.jp/shop/catalog/4/pro000017/

美容液化粧水の後にお使いくださいね。

美容液化粧水がしっかりとお肌に浸透しているので、保湿クリームはほんのひとさじで充分(^.^)

たっぷり使える美容液化粧水こちら

https://www.qualitypro.co.jp/shop/catalog/4/pro000016/

お気軽にお問い合わせくださいね。

☎0849251271