食は生きる源・がんの元

私たちは食事をすると胃腸で消化されます。

そして血液に吸収されていきます。

この血によって肉にあたる体内のあらゆる器官、臓器が養われています。

血が汚れると細胞の働きも低下します。

栄養が不足すれば、60兆個の細胞も栄養不足を起こし、さまざまな障害がでてきます。

癌もそのひとつ

現代人は、食べ物に不自由することもなく、しっかりと栄養を摂っているように思われます。

ですが・・・

ジャンクフードの普及、食卓の欧米化によって高カロリー、低栄養の状態になっています。

戦後、圧倒的に動物性食品の摂取量が増えている日本

同時に心臓病、糖尿病、癌などの慢性病が増え続けています。

動物性食品に含まれる飽和脂肪酸が血管内でかたまり、栄養の運び抑制させ、高カロリー、低栄養、そして血液も汚してしまっているのです。

「腐る」という字は、府のなかに肉と書きます。

五臓六腑の腑

消化器系に肉が入れば腐る、と昔の人は表現したとか・・・

食を変えれば、がんを防ぐことが出来ます。

食を変えたことで、がんをなおした人がいます。

食は生きる源

誤った食を、病気という形で教えてくれているのかもしれませんね。

私は低栄養の状態をいち早く底上げするためにプロポリスの力を借りました。

少しずつの積み重ねが、1日3回 1年365日ともなると大きな違いとなりますね。

まずは夕飯を見直してみませんか??

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。