効果的な排毒は・・・

がんは毒素のかたまり

だから・・・

がんをなおすためには、体に溜まった毒素を排出する

最も効果的な排毒は、汗です。

汗が出てますか??

低体温の人は血流が悪く、皮脂腺や汗腺が閉じいるため、汗をかきにくい体質です。

人と同じように動いても汗が出ないと言われます。

私も癌になったときの体温は、35.1~35.2℃

だから、運動しても汗をかくことなどほとんどありませんでした。

ですが、体温を上げたことでしっかりと汗が出るようになりました。

汗をしっかり出すこと

そのアイテムに私はプロポリスを活用しています。

プロポリスを3〜5㎖飲んでから半身浴をします。

38〜39℃のぬるめのお湯に1時間ほどみぞおちから下だけつかります。

寒い時期は肩にタオルなどをかけて上半身を冷やさないようにします。

最初はさらさらの汗が出てきます。

この水分が出来ったら、皮脂腺からどろっとした毒素の排出が促されます。

このどろっとした汗には、ダイオキシン、水銀、ヒ素、重金属などの化学物質が含まれています。

活性酸素などの有害物質もそうですね。

細胞内に蓄積された毒素が排出されると細胞は活性化され、蘇ります。

私自身、低体温で血流が悪いうちは、半身浴をしてもなかなか汗が出ませんでした。

しかし、やっていくうちにだんだんと体温も上がり、皮脂腺や汗腺が開きやすくなり汗が出るまでの時間が短くなりました。

アロマキャンドルなどを使い、好きな音楽を聴きながら、好きな本を読みながら~

自宅で体を温める

リラックスできる環境を整え、副交感神経を刺激することでリンパ球の増加が期待できます。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す