がんの1割はCT検査で??

私たち人間の生命には、正常を保つという働きがあります。

これが、自然に治癒しようとする力、つまり自然治癒力です。

自然治癒力こそが生命の根本原理なのです。

昔から伝わる民間療法は、この自然治癒力を活かすものです。

しかし現代は、生命の根本を無視して、痛いところや不調が起きれば薬でなおす

それどころか、病気を見つけるためにX線検査で被ばくし、生命の根源である自然治癒力を壊していっています。

【日本のガン患者の1割はCT検査で発ガン?】

~ 船瀬俊介氏 ご著書より抜粋 ~

CT検査の原理は、レントゲン撮影と同じX線照射・・・

被ばく量は、最低でもレントゲン撮影の300倍。

X線被ばく量もレントゲンの数千、数万倍と物凄い値になる・・・

X線には、強い発ガン作用がある。

つまり、CT装置の正体は、強烈な発ガン装置なのです。

これを見ると、ぞっとします。

放射線は、大量の活性酸素を生みだし、自然治癒力を落としてしまいます。

病気を見つけようとしたことで、病気をつくってしまう・・・

矛盾した話ですね。

大切なことは、病気にならない体をつくること

私たちは、常に1日数千から数万個のガン細胞が生まれてきています。

しかし、生命の根源である自然治癒力が働いているおかげで、ガンにならずに生活できているのです。

この自然治癒力が弱まると、ガンなどの病気が起きます。

自然治癒力を損なわないこと

体に負担になる検査に頼って自然治癒力を落とすより、自然治癒力を高める生き方をすることの方が大切だと感じます。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す