末期がんであっても元気に暮らせる人

抗ガン剤、手術といった治療を一生懸命してきた乳ガンの方

手術でガンはすべて取り除いたと医師から説明があったあと、念のためにと、抗ガン剤治療をすすめられたそうです。

手術で体力が落ちていたにも関わらず、抗ガン剤が開始されました。

抗ガン剤治療終了から半年後、再発が見つかりました。

さらに抗ガン剤治療を受けたそうですが、3ヶ月後、肝臓に転移が見つかったそうです。

本当にガンは手術ですべて取り除けるのでしょうか・・・疑問です。

私たちの体はすべて繋がっているのですから、ガン細胞は全身のどこに流れ、どこに住み着いているかはわかりません。

ガンが見つかってから1年後、彼女は余命宣告を受け、抗ガン剤の怖ろしいリスク、そして、抗ガン剤ではガンがなおせないことに気付いたそうです。

逆に、乳ガン末期で見つかった方

医師からは、どの治療も効果は期待できないといわれ、治療はせず、自分でなおす決心をしたそうです。

1日3回の入浴と、早朝の散歩、そして健康食品1種類だけ摂ると決め、あとは心の寂しさ、孤独感を埋めるため、清掃ボランティアをされています。

今も変わらぬ生活をされ、3年が過ぎています。

しこりは小さくなり、特に具合が悪いところもなく、健康な人と変わらない生活をされています。

この違いは何でしょう・・・

生きたいという思いは同じです。

他人になおしてもらうのか、自分でなおすのか、意識の違いです。

ガンの名医は自分自身です

そして末期で病院からも見放された彼女は、ガンに対する執着を手放し、人のために生き、天に委ねたところでしょう・・・

執着を持つとガンに対する恐怖心や不安は強くなります。

恐怖心や不安は、ガンを悪化させるだけ

ガンの原因の多くは、心にあり

他人に委ねるのではなく、自分を信じてみませんか・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す