発酵食品で腸内環境を整える

昔の日本人と現代の日本人の生活環境には大きな違いがあります。

体力も体温も大きく違ってきています。

そのなかでも特に変わったのは食事です。

食卓の欧米化が進んこともあり、腸内細菌が変化しています。

自然と共に暮らしていた昔の日本は、日常のなかでさまざまな菌に触れることで、高い免疫を維持していました。

食事の内容も、自然恵みと菌を活用した、味噌、漬物など発酵食品中心の生活だったのです。

野菜の栄養価も、農薬や除草剤、化学肥料などを使わなかった昔は、今とは比べものになりません。

少しの野菜で高い栄養が摂れていたのです。

だから、昔は粗食であっても、腸内環境がよく免疫が高かったのです。

今ではどうでしょう。

発酵食品といえば、ヨーグルトやチーズへと変化してきています。

そして、農薬、化学肥料、添加物、人工甘味料などがたくさん使われています。

これらによって、腸内細菌が死滅してしまい、昔にくらべ腸内環境は悪くなっています。

腸内細菌が異常になったり、死滅してしまうと病気を引き起こしてしまいます。

これはとても怖いことです。

免疫の7割は腸にあります。

ガンになったらまず、食事を振り返ってみる

昔ながらの日本食を大切にして腸内環境を整え、免疫を高めていきたいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す