乳がんの人に多い共通点

ご相談のお電話で多いのは乳ガン

なかでも30代、40代といった若い方、子育て世代の方が多いです。

乳ガンを患っている方が多く共通する点

パン、乳製品を毎日といっていいほど摂っていた

朝食のパンから始まり、お昼はパスタ、おやつにアイスクリームやケーキ

夜は、肉料理が多いようです。

からだに良い野菜にも、ドレッシングをたっぷりかけていませんか?

乳ガンを発症するまでには10年から20年といった長い月日がかかっています。

30代での発症は、10代の食生活が今になって出てきたということです。

学生時代、学校給食で毎日、パン、マーガリン、牛乳を摂ってきた世代

無関係ではないと思います。

家庭での食事も欧米食が増えただけでなく、乳ガンを防ぐと言われている味噌汁の消費量も減っているからでしょう・・・

特に赤身の肉は要注意です。

若い女性のエストロゲン受容体陽性乳ガンのリスクを上昇させることは、アメリカのの研究でも報告されています。

乳ガン発症後も、パンや乳製品、肉中心の食事をしている人は、すぐにでも日本食に戻されることをおススメします。

ガン細胞は、2個が4個、4個が8個、8個が16個とどんどん増殖のスピードが早くなります。

気付いたら、即実践です。

一緒に暮らす大切な家族のためにも食事を見直していきたいですね。

食事は毎日の積み重ね

乳製品はガン発症のリスクを高める

食がガンをつくり、食がなおします。

絶対に食べてはいけないもの

食べていませんか・・・??

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す