言葉が体を動かす

仏教用語のなかにある「三業」

身・口・意の三つで起こす「業」(ごう)のこと

身業(しんごう) 身体上に現れるすべての動作

口業(くごう)   口の作業、言語・言葉

意業(いごう) 意識・心の中の思い

言葉が心を動かし、身体上の現実に表します。

つまり言葉は生きてるということです。

発する言葉を大切にしないといけませんね。

しんどい、つらい、不安の言葉は、その現実を引き寄せます。

マイナスの言葉は、マイナスになる行動を起こさせ、マイナスの現実をつくります。

なおらない、調子が悪いと発すれば、なおらない、調子が悪くなる行動を起こし、なおらない、調子が悪い現実をつくります。

すべては、自分がつくっているのです。

不運も自ら引き寄せています。

生きている言葉は、力があります。

だから、善い言葉、気持ちよい言葉は、善い人生を引き寄せます。

嬉しい、有り難い、大丈夫の言葉は、その現実をつくります。

明るい言葉は明るい方向に、前向きな言葉は前を向いた生き方に導きます。

「ありがとう」 は善い言葉、ポジティブ感情の最高峰

迷ったとき、苦しいとき、不安なとき

良くなりたい気持ちがあるなら 「ありがとう」 を言葉にして繰り返してみる

明るく、前向きにいきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す