がんと共に生きる法則

ガンと共に生きるための法則があります。

元気な人でも同じです。

どんな人でもガン細胞は毎日生まれ、体内に存在していますから、病気に限らず当てはまる法則なのです。

* 感謝して前向きに生きる

* 体温を上げる

* 深い呼吸をする

* 糖分には気をつける

ガンは低体温、低酸素、高血糖の環境から起きます。

これは、ミトコンドリアが生きにくい環境であり、それによって細胞分裂をした結果です。

だから、ミトコンドリアが生きやすい環境をつくることが、ガンと共に生きる秘訣となります。

つまり、体温を上げること、酸素をしっかり摂りれること、食べ過ぎないないことです。

細胞の分裂を抑制するミトコンドリアは、深部体温37℃で働きますから内臓の温度を上げることが大切です。

そして、深部体温が上がると副交感神経が優位になり、ホルモンの分泌もされ心の面においても安定しやすくなります。

同時に、副交感神経が優位になることでゆっりとした呼吸へとなります。

体温が上がると血流も良くなり、全身にしっかりと酸素が流れていきます。

体温と酸素を必要するミトコンドリアは、この法則で元気になります。

ガンの場所には、ミトコンドリアが少ないのは納得できる話です。

ミトコンドリアをしっかり働かせる生活

これが、ガンと共に生きる秘訣です。

そして、絶対に忘れてはならないのが、感謝をもって生きることです。

不安な時は、ありがとう をいっぱいいいましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す