界面活性剤は身近なところに

コーヒーにミルクを入れますか!?

胃を保護するためにミルクは入れた方がいい

そんなことも聞いたことがある気がしますが本当でしょうか・・・

コーヒーにいれるフレッシュミルクを牛乳と思われている方もいらっしゃいますね

中身は、水と油、そして界面活性剤です。

界面活性剤といえば、石けんなどに使われているもので、界面活性剤を入れることで 水と油がきれいに混ざるそうです。

そして白の色素に、粘りを出すための増粘多糖類、腐らないようにする為の安定剤が使われています。

ミルクをコーヒーに入れるペンキと言われる方がいるのも納得できますね

石油製品は胃を保護してくれるのどころか、逆のような気もするのですが・・・

界面活性剤は分解されず、肝臓にたまり、様々な障害を引き起こす要因になると言われています。

体の酸化の原因になっているのは言うまでもありません。

酸化は、老化現象です。

1日2杯 珈琲を飲むとしたら、365日×2杯

これが数十年続くと考えたら怖いですね

小さいことが、重ねることで大きな健康破壊を起こしてしまうのですから、気を付けたいですね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す