発酵食品で腸内環境を整える

昔の日本人と現代の日本人の生活環境には大きな違いがあります。

体力も体温も大きく違ってきています。

そのなかでも特に変わったのは食事です。

食卓の欧米化が進んこともあり、腸内細菌が変化しています。

自然と共に暮らしていた昔の日本は、日常のなかでさまざまな菌に触れることで、高い免疫を維持していました。

食事の内容も、自然恵みと菌を活用した、味噌、漬物など発酵食品中心の生活だったのです。

野菜の栄養価も、農薬や除草剤、化学肥料などを使わなかった昔は、今とは比べものになりません。

少しの野菜で高い栄養が摂れていたのです。

だから、昔は粗食であっても、腸内環境がよく免疫が高かったのです。

今ではどうでしょう。

発酵食品といえば、ヨーグルトやチーズへと変化してきています。

そして、農薬、化学肥料、添加物、人工甘味料などがたくさん使われています。

これらによって、腸内細菌が死滅してしまい、昔にくらべ腸内環境は悪くなっています。

腸内細菌が異常になったり、死滅してしまうと病気を引き起こしてしまいます。

これはとても怖いことです。

免疫の7割は腸にあります。

ガンになったらまず、食事を振り返ってみる

昔ながらの日本食を大切にして腸内環境を整え、免疫を高めていきたいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんは治るのか?治らないのか?

ガンはなおるのか、なおらないのか・・・

それも人それぞれです。

なぜ、再発・転移をするのか…

抗ガン剤、放射線によってリバウンドが起きる

なぜなら、抗ガン剤は毒ガス兵器並の強い強い薬品だから…

それでも治療を望む人は後を絶たえません。

多くの方が亡くなっているのが現状です。

しかし、代替療法、自然療法でも亡くなっていく人はいます。

つまり、100%というものはないのです。

ただ、三大療法一辺倒に比べれば、末期ガンであっても何年も生きている人はたくさんいます。

三大療法と、代替療法・自然療法との一番の違いは、本人の意識かもしれません。

ガンをなおすに最も大切なことは、自分がどんな生き方を選択するか、ではないでしょうか・・・

療法の選択より、生き方の選択によって、生命が大きく左右されるように感じます。

療法はあくまでも、なおるか、なおらないかの確率的な行動であり、実際にその人がなおるのか、なおらないかは、医者であってもわからいのです。

療法の前に、まずはこれからの生き方を選択する

それによって自ずと選択する療法が見つけられるのではないでしょうか。

療法が決められない人は、今後どう生きたいのかを考えてみるといいでしょう。

重要なのはガンの療法ではなく心豊かにくらすこと

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

森林浴でナチュラルキラー細胞の活性化

眠れなくなった、眠りが浅くなった・・・

ガンになると、不安からくるストレスで睡眠の質が落ちてしまいがちです。

雨が降るだけで、憂鬱な気分になったりもします。

ちょっとした変化でも大きなストレスとなってしまいます。

特に耳から入る音はかなりの刺激を与えています。

不快な雑音はもちろん、人の発する言葉にも異常なほど敏感になり、気分が沈んだりします。

それらが苦痛となり、人と接することを避けてしまい、家にこもった生活になる傾向があります。

そんな時は、自然のなかに出掛けてみませんか?

森林浴は、副交感神経を優位にし、樹木の香り、葉の揺らぐ音、森林の空気は最高の癒しを与えてくれます。

森林でのリラックス効果は、日々の雑念を忘れさせてくれるほどです。

時に環境を変えることは非常に有効なのです。

自然のなかで2日間過ごすとナチュラルキラー細胞が40%近く高まるといわれています。

日々の生活に戻れば意味がないと思われるかもしれませんが、実は、1ヶ月後でも約10%の効果が継続できるといわれています。

つまり、自然の音や色、森林の空気は、癒されるだけでなく生命エネルギーにスイッチを入れてくれるのです。

自然のなかで、しっかりと人間の五感を働かすことで自然治癒力を高めていきます。

野生動物を見習わないといけないということですね。

自然がいっぱいだった時代は、人間もガンなどの心配もなかったはず・・・

人間は、不自然な生き方、環境がらガンをつくってしまったのです。

時には森林浴に出掛け、緑を見て、自然界の音を聴いて、森林の空気を吸って心を落ち着かせる

心も体も心地よく感じることが、ガンなおしの秘訣です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

DNAを損傷させる発がん物質

癌は3つの段階を経て進行していきます。

1) インシエ―ション (形成開始期)

2) プロモーション  (促進期)

3) プログレッション (進行期)

形成開始期の過程は、発がん物質から始まります。

口にした発がん物質がきっかけで癌ができていきます。

体内に発がん物質が入り、血液に流れていくと非常に短い時間で、正常細胞は限りなく発がんしやすい細胞(高発がん性細胞)に変化してしまいます。

つまり突然変異を引き起こすということです。

この突然変異によって細胞のDNAはダメージを与えられ、遺伝子に永久的な変異を生じさせることとなります。

私たちが摂取した発がん物質は、血液中に吸収され、細胞の中に運ばれて活発な物質に変化していきます。

そして、DNAと結合し、異常細胞というものが形成されてしまいます。

遺伝子的にダメージを受けている嬢細胞ですから、癌を引き起こす可能性が高くなるのです。

この異常細胞が出来あがるまでの時間は非常に短く、場合によっては数分間のうちに完成するといわれています。

この形成開始期の過程は、元の状態に戻せないとみなされています。

癌という塊は、長い期間を経てつくられていますが、瞬間、瞬間の短い時間で異常細胞が増え続けているのです。

出来てしまった高発がん性細胞は元に戻すことが出来ないのなら、細胞の増殖を遅らせる物質を摂っていくしかないのです。

つまり、抗がん物質、抗酸化物質といわれるものです。

癌になって一生懸命 治療をしていても、癌が治らない理由はここにもあるのです。

食事、薬品などによって、発がん物質を体内に入れ続けていること

そして、細胞の増殖を遅らせる抗がん物質を摂っていないことです。

まずは元を正すことが、がん治癒への近道です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自律神経のバランスを整えNK細胞活性化

自律神経は、白血球を支配しています。

交感神経・副交感神経がシーソーのようにバランスをとりながら成り立っている自律神経

交感神経の緊張状態が続くと、白血球の顆粒球が急激に増え、過剰になると炎症となります。

顆粒球は、細菌などを攻撃するために適度に必要な存在です。

しかし、過剰になると細菌だけでなく内臓そのものを攻撃してしまいます。

結果、顆粒球の攻撃によって潰瘍・ガンなどが出来てしまいます。

この状態を修復しようとする機能が働き、痛みや腫れ、熱といった修復するための症状があらわれてきます。

しかし、これらを悪い症状ととらえ、痛み止めなどのお薬を使って症状を抑え込んでしまいます。

この痛み止めは、血流を収縮させて血液の流れを悪くしながら、痛みをとっていくため、血流が低下し、体温も下げてしまいます。

がんは、血流が悪く、酸素、体温が低い状態を好みます。

薬によって、がんが喜ぶ住みやすい環境をつくってしまっているのです。

これらお薬は、そのときの痛みをとる一時しのぎであり、対症療法です。

血流を悪くしてしまうお薬は、出来るだけ避け、民間療法を活用していきたいものですね。

そして、交感神経過剰な状態から抜け出ることが最も大切

働き過ぎ、ストレス、睡眠不足、体の冷えなど交感神経過剰になる原因を断つことが、がんを体から遠ざけることになります。

そして、交感神経過剰から抜け出し、副交感神経が優位の状態が続くと、リンパ球が増えてきます。

リンパ球が増えると、がん細胞を退治してくれるNK細胞が活性化されます。

がん治しには必須となる免疫細胞です。

副交感神経が優位になるよう、体を温め、おおらかな心で規則正しい生活をおススメします。

ただし、副交感神経が過剰になりすぎるとアレルギーとなります。

昼間はしっかりと体を動かし交感神経を働かせ、夜はゆっくり休んで副交感神経を働かすよう、バランスを大切にして過ごしたいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

言葉が体を動かす

仏教用語のなかにある「三業」

身・口・意の三つで起こす「業」(ごう)のこと

身業(しんごう) 身体上に現れるすべての動作

口業(くごう)   口の作業、言語・言葉

意業(いごう) 意識・心の中の思い

言葉が心を動かし、身体上の現実に表します。

つまり言葉は生きてるということです。

発する言葉を大切にしないといけませんね。

しんどい、つらい、不安の言葉は、その現実を引き寄せます。

マイナスの言葉は、マイナスになる行動を起こさせ、マイナスの現実をつくります。

なおらない、調子が悪いと発すれば、なおらない、調子が悪くなる行動を起こし、なおらない、調子が悪い現実をつくります。

すべては、自分がつくっているのです。

不運も自ら引き寄せています。

生きている言葉は、力があります。

だから、善い言葉、気持ちよい言葉は、善い人生を引き寄せます。

嬉しい、有り難い、大丈夫の言葉は、その現実をつくります。

明るい言葉は明るい方向に、前向きな言葉は前を向いた生き方に導きます。

「ありがとう」 は善い言葉、ポジティブ感情の最高峰

迷ったとき、苦しいとき、不安なとき

良くなりたい気持ちがあるなら 「ありがとう」 を言葉にして繰り返してみる

明るく、前向きにいきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

ネバネバ系の食べ物で免疫を上げる・ムコ多糖類

納豆、オクラ、アロエ、山芋、ウナギ、ナマコ、カキ、魚の目の周りなど、ネバネバ系のものを食べていますか?

これらはムコ多糖類をいいます。

ムコは、ネバネバ「粘液性」という意味

多糖類とは、単糖類が10個以上結合したもの、グリコーゲン、セルロース、デキストリン、デンプンなどです。

ネバネバ系のムコ多糖類は、生体の運動を円滑にさせ,また細胞や組織の表面をなめらかにおおって保護し、また様々な有用性があるとされています。

体の細胞の周りで、水分をしっかりと蓄えて、この水分を通じて、細胞に栄養を運んだり、不要となった老廃物を排出してくれます。

循環と代謝を促す効果で、免疫力を高めてくれます。

また、骨の形成や血糖値の調整にも有用だと言われています。

私たちの唾液や血液などの体液は、滑りがあり、これはムコ多糖が含まれているからです。

しかし、年齢と共にムコ多糖は減少し、水分量が減ることで様々な体の不調が起きてきます。

ネバネバ系の食べ物を食べて、水分を蓄え、循環と代謝が促し免疫を高めたいですね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)