自分の直感を信じて最初の一歩を・・・・癌を克服するために

突然のガン宣告

すがるように病院にお願いする人、治療法について自分で必死で調べる人

治療法においても、少しずつではありますが、病院の三大療法が当たり前でなくなってきています。

私自身もガンになったとき、震えながら、ガンのステージ、治療法について調べました。

調べることも怖くて仕方なかったのを覚えています。

治療については、機械的であるせいか調べれば調べるだけ不安と恐怖が襲ってきました。

私の場合、病院の治療法をみていても光が見えてこなかったのです。

そんななかで、私は試してみたいと直感が働いたものがありました。

この直感は、真っ暗闇にいた私に一筋の光を見せてくれた感覚でした。

先の見えない暗闇のトンネルの先に、出口の光が目に入った感覚は今でもよく覚えています。

このトンネルから出るためには、自分の直感を信じて歩き続けるしかないと思うようになりました。

そこで始めたのが、プロポリスでした。

しかし、これも中途半端ではなく徹底しました。

この療法はどう思いますか?

このサプリはどう思いますか?

とよく聞かれますが、それもみんな違います。

ここで働かさなくてはいけないのが、自分の直感です。

そして、直感を信じ、実践することです。

どんなに直感が働いても、実践しなければ何も変わりません。

どんなものでも、皆に100%効くものはありませんね。

療法はアイテムであり、なおすのは自分であることをしっかりと自覚することが重要です。

そして、あれもこれもと欲が出たり、悩みすぎると直感が鈍り、信念までもが揺らいでしまいます。

これが、失敗を招くもとです。

これだと決めたら、自分を信じて、徹底する。

プラスの思考が、揺るがぬ信念となり、やがて現実をつくるのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す