体調不良は原因あっての結果である

何をやってもなおらない・・・

色々やっても良くならない・・・

こんな話をよく聞き、相談も受けます。

話を聞いてみると、なおらない原因がちゃんとあります。

なおらない、体調が悪い、と言われますが、これは当たり前

体調が悪くなることをしていたり、また努力も継続性がないからです。

結果には、必ず原因があります。

体調が悪いのは、体調が悪くなる生き方をしています。

努力を怠っているのか、マイナスの思考なのか、悪い環境を与えているのか、それぞれ違いますが、愚痴、泣き言も原因のひとつです。

体調がすぐれないことは、何を意味しているのか

考え、気付かない限り、出口のない状態に陥っていきます。

なおらない人には、なおらない原因があります。

病気もふくめ、あらゆるものごとは、原因があって結果として起きているのです。

偶然ではなく、すべてが必然であるということ

今 起きていることをすべて肯定し、素直に受け止める

そして、結果をつくった原因を改善する実践により、良い生き方が出来るのです。

末期ガンであってもなおった人はたくさんいます。

なおった人の共通点は、気付きと実践、そして継続する力です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す