添加物を遠ざける

私たち日本人は、毎日気付かないうちに数十種類の多種多様の食品添加物を摂っています。

内海先生によれば、その数は1日で80種類以上になるとか・・・

怖ろしいことですね。

特に日本で使われている食品添加物のなかには、海外では規制されているものも多くあります。

食品添加物を使う目的は・・・

日持ちをさせ、腐敗や変質を防ぐ

味や見た目をよくする

低コスト

栄養価を上げる

などなどですが、そこには数えきれない多くの食品添加物が使われています。

【保存料、酸化防止剤、防腐剤、調味料、甘味料、着色料、酸味料、香料、乳化剤、膨張剤、増粘剤、栄養強化剤など】

添加物王国になっているわが国です。

必要とする人がいるから作られる、使われるのです。

食品添加物は、組み合わせによって化学変化を起こしたり、発ガン性の疑いが強いものがあります。

そもそも食品添加物のほとんどは、石油精製物質ですから・・・

発酵食品がブームになり、健康のためにお漬物などを積極的に摂ることは非常に良いことですが、そのお漬物の出どこが問題ですね。

色鮮やかな沢庵など、着色料が使われているものが多くあります。

着色料は発ガン性が疑われますので、健康を考えるなら確認することが大事ですね。

何より自分で手をかけつくることが一番安心です。

ひと手間の積み重ねが、病気を遠ざけてくれるのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す