リンパ球も増え過ぎは害になる

リンパ球が増えれば、免疫は上がります。

しかし、増えすぎるとリンパ球も害になります。

交感神経が働いていない生活

つまり、運動不足や寝すぎなど、体を動かしていない状態で副交感神経が働き過ぎになります。

副交感神経が働くとアセチルコリンというホルモンが分泌されます。

このアセチルコリンは、リラックス作用があるので必要以上に分泌されると、気力がなくなったり、気分が落ち込むなどの症状を出してしまいます。

気力がなくなると活動をしなくなります。

さらにアセチルコリンが分泌され、静脈の血流が滞り気味になります。

痛みなども強くなります。

負のスパイラルに陥っていきます。

白血球のなかのリンパ球が占める割合は、35~40%が目安

増えすぎても、減り過ぎても体に支障が出てきます。

健康に生きるためには、バランスが必要だということです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す