ミネラルバランスが悪いと低酸素になる

現代は、大気汚染に加え、さまざまな原因で酸素が欠乏しがちです。

酸素が欠乏する原因には、ストレスや口呼吸などがあります。

また、ナトリウムとカリウムのバランスが崩れることからも起きてしまいます。

ミネラルバランスをコントロールしているナトリウムやカリウムの働きの機能が衰えると、酸素不足に陥りやすくなります。

その原因は、現代の食事の野菜・果物の摂取量が少くなっていること

そして、野菜そのものが農薬や化学肥料の影響を受け、栄養価が昔の半分以下になっていることです。

特にガンの人は、ミネラルバランスが非常に大事になってきますので、無農薬野菜を摂ることをおススメします。

そこにストレスなどが加わると、ちょっとしたことでも血液中の酸素量が減ってしまいます。

自分が気付かぬところ、思いもよらぬところで、酸素不足が起きている可能性があります。

低酸素はガンの道です。

深呼吸や腹式呼吸で全身に酸素が行き渡るイメージをして、意識的に取り入れていくことは大事なことですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す