がん治しには心の毒を出すこと

【病の根源は心にある】

中医学の教科書にもある言葉です。

病は気からというように、不平不満、愚痴、恨みや妬み、悲しみが心をむしばみます。

そして、邪気をどんどん溜めてしまい体が毒化されていきます。

だから、病気になったときは、内面を含めたライフスタイルを見つめ直し、なぜガンになったのか、原因を探すことが大切です。

どんな行動をしてきたのか、どんな言葉を使ってきたのか

心の毒が積もるようなことはなかったでしょうか・・・

心の毒が溜まれば、やがて体の毒になります。

ガンなおしは、心と体の毒だしです。

ガンの方、ご家族の方の話を聞いていると、必ず不平不満、愚痴、恨みなど心の毒が出てきます。

なかには、強い不安から毎日が悲しみとなり、深く心に毒を積もらせている方もいらっしゃいます。

心の毒の原因がわかれば、毒を出していくサポートをしていくことができます。

そのためには、まずは自分自身の心にある毒に気付かなければなりません。

心にゆがみがあるときは、感謝が出来ないものです。

感謝したくても、わかっていても思うように出来ないのが人間です。

それも素直な気持ちとしてすべて受け入れてみるといいですね。

ある時には人を必要とし、ある時には必要としない

そんな身勝手な自分も認めてみるといいでしょう。

すべてを受け入れたうえで、何が自分をそうさせているのか・・・

心の毒の原因を素直な心で探してみると、きっと出てくるはずです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す