がんが教えてくれた心の声

自分が死を感じたとき、家族の死を感じたとき

生きていることそのものがどれだけ有り難いことか感じます。

命があるから出来ること

命があるから言えることに気付かされます。

私たちはいつかは死ぬものとわかっていても、どこか他人ごとのように思えてしまいます。

命の尊さを毎日心に刻んで生きることが出来るなら、きっと幸せな生き方が出来るでしょう。

生きていることは、奇跡的なこと

1日1日を大切に、この世に生を与えてくれた父母、ご先祖様に感謝して生きたい・・・

どんな親であれ、どんな関係であれ、父母がいなければ自分はここに居ないのですから・・・

そして、親である私たちも気付かなければならない

なぜ、子どもがガンや病気になったのか・・・

若くしてガンになる人の多くは、親との問題を抱えている人が非常に多いのです。

ガンという病は、自分の今までの生き方を、大事な命を通して見せてくれるのです。

まるで、気付きなさい、自分の心の声を聴きなさい、すべてを受け入れなさいと教えてくれているかのように・・・

の時間は二度とないと考えたら、きっと1日を大切に生きるはず・・・

今日のこの時間に感謝して、幸せといえる生き方をしたいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す