癒すがん治し

ガンをなおすには、さまざまな方法があります。

どうしてガンになったのかを考えてみると、どんななおし方が良いのか見えてきます。

体を酷使し、闘う生き方をしてガンになった人

自然の摂理を無視し続けてガンになった人

自分らしくない、不自然な生き方をしてきた人

それぞれ違うと思います。

睡眠時間を削り働いてきた、石油製品である薬に頼ってきた、添加物がいっぱいの食品を食べてきた、自分の気持ちを押し殺してきた、生活が楽しめなかった・・・

何かしら思い当たる節があると思います。

いづれにしても自分の体が何かと闘っていたり、体をむしばむことをしていたから、ガンになったのです。

次は、闘う生き方ではなく、癒す生き方をしていかなくてはなりませんね・・・

ガンなおしも闘う治療だけでなく、癒す治療もあります。

つまり、私たち人間の生命体の法則にあわせた療法です。

ガン細胞も自分の大切な体の一部です。

だから、切り取り、焼き、薬品はガン細胞を痛めつけると同時に自分の体を痛めつけていることになります。

私たちは日々さまざまな面で、癒しというものを求めています。

これは生命体にとって自然なこと

ガンなおしにおいても同じではないでしょうか・・・

特に女性は、明るく美しいガンなおしでありたいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す