がん治しで問われること・意識・判断・責任・がんを治す生き方でとは

これからのガンなおしで問われること

自己の意識と判断、責任が必要です。

ただ生きるということが全てであるのであれば、意識も判断も責任も必要ないのかもしれません。

人は早かれ遅かれ必ず死を迎えます。

しかし、自分の死など考えたくないのが人間です。

しかし、ガンという病になれば、必然的に死と恐怖を感じ、生きることに執着すらもちます。

そこで分かれてくるのが、治療法の選択です。

ただ生きたいのであれば、延命ともいえる治療法を選択するでしょう。

心豊かに輝いて生きたいのであれば、生き方をなおすことを選択するでしょう。

進行ガンから克服された方の多くは、命を輝かせ、生きておられます。

私たちは、命を頂き生きているのです。

命を頂いている以上、それぞれに役割があります。

このやるべき役割をしっかりとしてこそ、生命というものが活かされるのではないでしょうか。

役割とは、生き甲斐でもあり、自己を高めることでもあります。

生きる長さではなく、生きることの意味を考え、今日の1日を大切に大切に生き、そして明日に繋げ、未来を見ていくことが大切なのではないでしょうか・・・

ガンなおしは、意識と判断、責任を理解できるか出来ないかによって、大きく変わってきます。

治療方法が選択できず悩んでいる方

まずはこの先、どう生きたいのか

そこに意識を向けてみてはいかがでしょうか。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す