夫婦円満が病気回復のカギ

夫婦円満は幸福と健康の源です。

ガンやその他の病の方からご相談を受けるなかで見えてくるもの

夫婦間の悩みを抱えていらっしゃる方が多いです。

特に子育てもひと段落した40代から50代の女性が、ふと気がつくとひとりぼっち

病気になり、さらに夫に対する不満が強くなる方も・・・

冷めきった夫婦関係は、意外にも大きなストレスを与えています。

不平不満、愚痴はガンの道

愛や感謝の心がガンなおしの秘訣です。

病気なおしには、良好な夫婦関係が大切になってきます。

夫婦関係が良い人は、夫婦関係が悪い人に比べ、回復スピードは4割も増すという報告もあります。

つまり、愛のパワーに勝るものはないということですね。

夫婦関係が良い家庭は、明るく良い氣が流れています。

暗く淀んだ氣は、負の病気を引き寄せてしまいます。

誰しもが、明るく円満な家庭を望んでいるはずですが、上手く出来ないだけなのです。

夫婦は合わせ鏡です。

自分が思っている不満は、相手も思っています。

だから、自分が変わること

自分が変わることで、自然と相手も変わってきます。

常に相手は自分を映し出してる存在であることを意識してみると、相手を責めることなど出来なくなりますね。

自分のために自分が変わる

そして、相手も変わっていく・・・

この連鎖が愛の環境をつくっていきます。

夫婦仲良くすることで、病気の回復スピードが速まるなら、これほど有難く幸福なことはないですね。

私もガンになったとき、毎日夫がガンに手を当て温めてくれました。

週に一度、夫婦でお墓参りもするようになり、今でも変わっていません。

『本当の感謝』 というものを教えてくれたのがガンでした。

腹が立つとき、ものごとが上手くいかないとき、つらくなるとき

それは、感謝が足りないときです。

小さなことから感謝出来ることを見つけ、円満な家庭で健康を手に入れましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す