がん治しは、バランスの取り方で決まる

生きていくうえで大切なのは、バランスです。

なぜ、ガンになったのでしょう・・・

それは、生き方のバランスが悪いからです。

ガンになる人は、頑張り過ぎたり、心配し過ぎたり・・・

「〇○し過ぎ」は、偏ったバランスの悪い生き方をしています。

ガンになる人は、自律神経のバランスが悪く

交感神経、副交感神経どちらかに偏りっぱなしになっています。

ガンになる人は、白血球のバランスが悪く

顆粒球とリンパ球の割合によって免疫力が低下していきます。

ガンになる人は、エネルギーをつくるシステムのバランスが悪く

年齢を重ねても解糖系が優位のままで、ミトコンドリアが上手く働いていません。

すべてはバランスです。

人生も山あり谷あり

嬉しいこと、つらいこと、色々あってバランスをとっています。

都会で疲れたら、田舎で暮らす

これも人生のバランスです。

働き過ぎた人は、体を休めてみる

完璧主義だった人は、不完全な人になってみる

人のためばかりに生きてきた人は、自分のために生きてみる

愚痴ばかり言って生きてきた人は、喜びを見つけて生きてみる

泣いてばかりだった人は、笑って生きてみる

甘いものを食べてきた人は、砂糖をやめてみる

食に無関心だった人は、食の大切さを学んでみる

生き方を変えて、人生のシーソーのバランスをとるということです。

ガンという塊が、生き方の偏り、バランスの崩れを教えてくれたのです。

生き方の偏りがある人は、強いとらわれが必ずあります。

ものごとを考えすぎたり、出来ない自分につらく当たったり、ハードルが高かったり・・・

とらわれを捨て、自然体で生きることが、バランスをとった生き方になります。

バランスがとれるようになれば、すべてにおいて楽に生きれるようになります。

生き方を変えるためには、まず心と思考を変えなくてはなりません。

心と思考が変われば、体も変わってきます。

すべては繋がっていて、バランスをとろうとしているのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す