薬物依存が、がんをつくる

痛み止めを数時間おきに飲まれていた方

最初は少しの量で効果があったそうです。

しかし、痛み止めは効かなくなってしまい、気がつけば服用する量だけが増えていたそうです。

これは痛み止めに限ったことではなく、抗ガン剤、抗生剤も同じです。

これが薬剤耐性です。

痛むから薬を飲んでいたはずが、いつしか薬が切れたら痛み出す体になっています。

これが薬物依存です。

体が薬物を求める症状をあらわすのです。

痛み止めを飲めば飲むだけ、活性酸素を出し血流を悪くし体温を下げ、残念ながらガンが進行しやすい環境をつくっています。

これを知れば、誰だって出来るだけ薬は最小限に抑えたいと思うでしょう。

薬だけに頼らず、日頃から体を温めたり、呼吸法でリラックスすることを意識したりします。

解熱剤なども同じです。

風邪などのとき、薬で熱を下げると血流が低下します。

血流が低下するとリンパ球が低下し菌やウイルスと闘えなくなり、かえってなおりが悪くなることもあります。

薬物には、デメリットもあることを理解しておくことが必要です。

そして、対症療法であることも・・・

なぜ痛むのか、なぜ病気になっているのか・・・その理由を考えてみることは大事なことです。

痛むから抑えるということだけでなく、痛む原因を取り除くことにも目を向けてみると良いでしょう。

痛む原因を取り除いていくことが、元気への道です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す