足を温めて毒を下半身におろす

ガンは血液の汚れ

血液を汚してしまう環境はたくさんあります。

私たちは、血液が汚れてしまうと、敗血症を起こしてしまいます。

敗血症にならないように、全身の血液の汚れを一手に引き受け、1ヶ所に集めるという役割をしてくれているのが、ガンです。

つまり、ガンは体に溜まった毒です。

毒が溜まれば溜まるほど、ガン細胞はまた汚れを集めさらに大きな塊となります。

この毒をどうやって体から出していくのか・・・

毒素を出す=血液をキレイニする

基本的に私たちの体は、体にとって毒になるもの、必要ないものは外に出そうとする働き、排出機能があります。

鼻水、目やに、湿疹、膿、汗、便、尿、おりものなど、まさに浄化機能の働きによるものです。

特に皮膚から出そうとする力があります。

浮腫みも浄化機能のひとつです。

毒素が出る時には、このような症状がつきものですが、不快な症状に耐えきれなくなります。

そこでついつい薬を使ってしまい、毒をまた体内に押し込めてしまうのです。

そこまでならないために、溜め込まず毎日、毒素を出すことが大切ですね。

そのためには、下半身に目を向けることです。

下半身の筋肉を鍛えること

そして、誰でも簡単に出来ることといえば、足を温めることです。

足を温めると、体の毒が下半身におりてきます。

そして、毒を排出しやすい状態になります。

体を動かして自ら熱を発して足を温めることが一番ですが、出来ない人は足湯などを使うといいですね。

ガンだろうと、ガンでなかろうと浄化機能に意識を向けることは、人間の生命体にとって非常に大切なことです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す