体内に入った異物を出す反応と癌の関係

ガンの原因の多くは、ストレスや乱れた生活習慣

細胞が傷つき破壊され、ガン化されていきます。

細胞のガン化は、どんな人でも毎日、起きています。

人は日常生活において、少なからず壊れた細胞である癌細胞を生み出してしまいます。壊れた細胞が分裂し増殖してしまうと癌として大きくなってしまい、症状として現れるわけです。

通常は、そこで免疫力が働き、ガン細胞を攻撃してくれます。

壊れた細胞が分裂し増殖するとガンという塊になり症状として現れてくるわけです。

また、免疫力が高すぎるとアレルギー反応が起きてしまいます。

免疫が働きている時は、体内の異物であるガン細胞にも免疫が働き、ガン化を防ぐことが出来ます。

しかし、アレルギーが起きることによって、ステロイド(免疫抑制剤)などの薬をつかうとどうなるでしょう。

ステロイドなどの薬をつかうと免疫力を抑えてしまい、ガン細胞を攻撃してくれる免疫細胞が働かなくなります。

ステロイドはアレルギー以外に、ガンの痛みなどの症状を緩和するなどにも使われます。

これは、痛みを緩和することの代わりに、免疫を低下させることになります。

話は戻りますが、アレルギーは悪い反応とばかりにとられがちですが、自分の体内に異物を排除してくれる免疫の働きです。

ガン細胞などの異物も排除してくれています。

しかし、アレルギーはつらい症状ですから、アレルギー反応を出さずに異物の排除もしていけることが理想です。

体に入った異物は溜め込まずに出すことが大切です。

そのためには、腸内の環境を整えることです。

アレルゲン、添加物など体内に入った余分なものはしっかり出すことが重要です。

そして、腸内環境を整えるために、発酵食品をしっかりと摂りいれるといいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す