がんのリスクと筋肉量の関係

体温が下がると自律神経のバランスが崩れてしまい、交感神経が優位になります。

すると白血球内のリンパ球が減少し、免疫力が低下してしまいます。

体温が上がると副交感神経が優位になります。

副交感神経が働くとリンパ球が増え、免疫力をアップすることができます。

体温が1度下がれば免疫が30%下がるといわれるくらい体温は免疫機能と深く関わっています。

低体温の人がガンになりやすいのは、リンパ球の割合が減り免疫力が低下するからですね。

低体温は男性より女性の方が多いですが、最近では男性の低体温も増えてきました。

低体温なる理由はさまざまですが、一番多いのは筋肉の不足です。

体の熱は筋肉で作られます。

そして、私たちの体の筋肉は、主に下半身に集中している言われています。

その割合は、7割以上にものぼり、最も大きい筋肉は太ももの大腿四頭筋です。

これら下半身の筋肉を鍛えることで、効率よく体温を上げていくことが出来るのです。

男性より女性に冷え性が多いのは、女性の方が筋肉量が少ないからですね。

筋肉量と基礎代謝量は正比例の関係にあります。

体温が高ければ代謝がよく、体温が低ければ代謝が悪いということです。

体を温めることも大切ですが、代謝を高め、自分の内から体温を上げていくことが大切ですね。

椅子に座っている時も、膝を真っ直ぐのばし足先を太ももの高さまで持ち上げ、そのまま20秒間止めたり、足の指をグーパーして常に動かすなど毎日続けることで筋肉を鍛えていきます。

筋肉を動かすにも塩分が必要です。

ガンをなおすにも、ガンにならないためにも自助努力次第すね・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す